このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.12.10
bi-nasuniarazu.jpg吉原由起「ヴィーナスにあらず」(1)


ウェルカム俺んち
さあ脱いで!



■華やかなモデルを夢見ながら、上京してきた与志子。けれどモデルの道は厳しい。雑誌やファッションショーのオファーなどそうそうゲットできるものでもなく、あるといえばせいぜい美大のデッサンモデルのアルバイト。ところがある日、彫刻界の寵児と言われる講師・中条からセクハラを受けた与志子は、思わず抵抗して手をあげ、そのままクビになってしまう。まさかこんな形で、バイト先どころか事務所までクビになるなんて…。途方に暮れる与志子だったが、そんな彼女を救ったのは、なんと首の原因を作った中条だった。日給3倍という言葉につられ、彼の彫刻のモデルとなった与志子だったが…!?

 「蝶よ花よ」(→レビュー)の連載を終了させて、新たにスタートさせたのがこちら。今度のヒロインは、モデル志望の女の子でございます。相手役との出会いは衝撃の一言。美大の一室で、ごくごく普通にデッサンモデルをこなしていたところ、彫刻家の講師が近づいてきたと思ったら、いきなり服をひんむいておっぱい丸出しに。そりゃあ彼女も拳を振りかざします。しかしそのことが騒動となり、仕事どころか事務所との契約まで破棄されてしまい、あっという間に無職に。そんな彼女に救いの手を差し伸べたのが、彫刻家の講師・中条でした。天才芸術家だからでしょうか、どこか普通の人とは違った感覚を持っている彼は、与志子の体にべた惚れ(あくまで芸術的な観点から)。彼女を専属のモデルとして雇うのですが、やたらと体をベタベタ触り(芸術家の性)、何かにつけて服を脱がそうとする(あくまで芸術家の性)彼に、与志子はとまどってばかりという…


ヴィーナスにあらず
天然というか馬鹿というか…。どちらにせよ真剣に対峙すればするほど大変という厄介なタイプ。


 プチコミはエロが入っていた方がポイントが高いわけですが、同時にヒロインは処女設定の方がどちらかというと好まれるというアンバランスさを内包しており、その擦り合わせがひとつの課題になります(どちらかを完全に捨て去るという選択肢もあるけれど)。そんな中こちらは、芸術家のモデルの仕事という設定を通して、無理なくエロシチュを再現。加えてそういったシチュエーションから生まれる、ガチンコでないがゆえの軽さが、先生の売りであるギャグによーくフィットしています。ちょっと中条さんがマイペースで天然すぎる気もしますが、そこはヒロインの頑張り次第ということで。

 1巻は3話のみの収録で、以降2巻に続いていきます。個人的には同時収録の読切りの方が好みだったり。やっぱり笑いがあると読みやすいですね。


【男性へのガイド】
→笑いが読みやすさを誘うものの、作者さんの過去作との比較でいくと、若干弱め。プチコミ基準であれば読みやすい部類ではあると思いますが。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→ストーリーにはいくつか引っ掛かりを覚えるものの、コメディとしてなら十分に楽しめる水準にあると思います。読む際に何を重視するかによって変わってきそう。


作品DATA
■著者:吉原由起
■出版社:小学館
■レーベル:プチコミフラワーコミックスα
■掲載誌:プチコミ(2009年7月号~連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「プチコミック」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。