このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.12.28
■2009年12月28日、一つの漫画雑誌がその歴史に幕を下ろしました。小学館から刊行されていた、低年齢向け少女漫画雑誌「chuchu(ちゅちゅ)」です。「小学5年生」「小学6年生」と同じタイミングで休刊を迎えたため、そちらにばかり注目が行きがちでしたが、個人的にはちゅちゅ休刊もなかなかの衝撃でした。


ちゅちゅChuChu (ちゅちゅ) 2010年 02月号 [雑誌]


~ちゅちゅについて~
 ちゅちゅが創刊されたのは、2005年12月。少女漫画雑誌としては売り上げトップを誇る低年齢向けの「ちゃお」と、過激な性描写がしばしば見られるようになった中高生向けの「Sho-Comi」の共同編集で、最初は増刊としての登場でした。ちゅちゅは、そのギャップを埋めるための、橋渡し役を担う目的で創刊。構成された執筆陣は、ちゃおと少コミから移籍してきた作家さんたち。創刊時の発行部数はおよそ20万部。ちゃおが100万部オーバーで、少コミも30万部前後発行されている現状を考えると、どうしても見劣りしてしまいます。その後移籍組でない、ちゅちゅ生え抜きの若手作家さんを加え、ちゅちゅ独自の路線を進むようになりますが、書籍業界の不振もあって、売り上げはますます減少。そしてついに、休刊が発表されたのでした。創刊から丸4年、非常に短い期間でした。


~発表前後の動き~
 休刊が明らかになったのは今年の10月末(→少女マンガ誌ちゅちゅ、2010年2月号をもって休刊)。しかし各作家さんには、もっと早い段階(夏頃)で通知がなされていたようです。そのことについてブログで触れられている先生もいらっしゃり、その時のツライ心情を知ることができます。また逆に、努めて前向きに振る舞う先生や、全くノータッチという先生もおられ、その反応は様々でした。


私からもお知らせを:七島佳那先生のブログ「脳内会議」
はー打ち合わせ終わりました:高宮智先生のブログ「高宮ブログ」
他にも溝口涼子先生,月鈴茶子などがブログにてこの件について書いておられました。


 休刊ということで、その後は当然他の場所で描くことになるのですが、2月号発売と同時に各先生の移籍先が発表されました。個人的には、大半が出戻り、生え抜きの先生はそれぞれ振り分けられるのでは、と予想していたのですが、実際に発表されたその移籍先は、非常に多種多様でした。人数的な問題もあるのかもしれません。以下に、前所属先と、新しい移籍先をまとめました。移籍先に関する情報は、ちゅちゅのホームページの、漫画家PRESSにて、各先生のメッセージつきで知ることができます。


移籍先
※50音順(ギャグ・四コマ枠は別)
(chuchu移籍前の所属)→(移籍先)という見方。

安積さや (chuchu)→(Sho-Comi
あまね未琴(chuchu)→(Sho-Comi
彩乃チヒロ(chuchu)→(Cheese!
あらいきよこ(ちゃお)→(Cheese!
飯坂友佳子(Sho-Comi)→(プチコミック
宇佐美多恵(Sho-Comi)→(プチコミック
おおばやしみゆき(ちゃお)→(Cheese!
かわはらなつみ(chuchu)→(プチコミック
北野希織 (chuchu)→(ベツコミ
京町妃紗 (chuchu)→(Sho-Comi
車谷晴子 (Sho-Comi)※ダブル在籍で、最近はCheese!でも執筆→(Cheese!
黒澤しえ (chuchu)→(Cheese!
小金沢めい(ちゃお)→(Sho-Comi
こはく那音(chuchu)→(ちゃお) 
茶月みきこ(Sho-Comi)→(Sho-Comi
しがの夷織(Sho-Comi)※ダブル在籍→(Sho-Comi,プチコミック
白鳥希美 (ちゃお)→(ベツコミ
陣名まい (ちゃお)→(Cheese!
杉山美和子(ちゃお)→(Sho-Comi
高宮智  (ちゃお)→(Cheese!
中嶋ゆか (chuchu)→(ちゃお
中村紗弓 (Sho-Comi)→(Cheese!
七島佳那 (ちゃお) →(Sho-Comi
七瀬れい (Sho-Comi)→(ちゃお
藤田にみ (ちゃお)→(ベツコミ
本田栞  (chuchu)→(Sho-Comi
真己京子 (chuchu)→(Sho-Comi
水鏡なお (chuchu)→(Cheese!
水都あくあ(Sho-Comi)→(ちゃお
溝口涼子 (ちゃお)→(ちゃお
宮脇ゆきの(ちゃお)→(Sho-Comi
やぶうち優(ちゃお)→(ちゃお

《ギャグ》
月鈴茶子 (ちゃお)※chuchu移籍はしておらず。
遠野なつ (Sho-Comi)→(Sho-Comi
笹木竹丸 (ちゃお)→(Sho-Comi
桜井美也 (Cheese!)→(Cheese!
春瀬いづき(chuchu)→(Sho-Comi


 
■移籍先でまとめると… 
【ちゃお】
こはく那音,中嶋ゆか,七瀬れい,水都あくあ,溝口涼子,やぶうち優

【Sho-Comi】
安積さや,あまね未琴,京町妃紗,小金沢めい,茶月みきこ,杉山美和子,七島佳那,本多栞,真己京子,宮脇ゆきの,笹木竹丸,遠野なつ,春瀬いづき,(しがの夷織)

【Cheese!】
彩乃チヒロ,あらいきよこ,おおばやしみゆき,車谷晴子,黒澤しえ,陣名まい,高宮智,中村紗弓,水鏡なお,桜井美也,

【ベツコミ】
北野希織,白鳥希美,藤田にみ

【プチコミック】
飯坂友佳子,宇佐美多恵,かわはらなつみ,しがの夷織

 

■グラフ
移籍先について「グラフ」




■かなりばらけた移籍先となりましたが、メインはSho-Comiという感じでしょうか。また同時期にベツコミのタアモ先生が移籍を発表したり、Sho-Comiの織田先生がメインの活動場所をプチコミに移されたりといった動きもあり、この騒動が多少なりとも絡んでいるのかもしれません。

 ちゅちゅでデビューした作家さんの中には、他誌でデビューしたけれども日の目を見ず、こちらにて新たにデビューをしてポジションを獲得していった、いわゆる再デビュー組も何人かおられ、余計にダメージが大きいようにも思います。移籍する側、そして移籍してこられる側の作家さんたち、どちらも気が気ではないでしょうが、どの作家さんも今後、幸せなキャリアを重ねられることを願うばかりです。

カテゴリ雑記コメント (5)トラックバック(0)TOP▲
コメント

こんばんは。お久しぶりです。私もchuchu休刊は驚きました。昔読者だったんで。
月刊になる前から買っていて2006年12月号までお世話になりました。
chuchuホームページの作家陣のコメントが悲しいです。
ベツコミには3人来るみたいですね。少ないな。
増刊で書くんですかね?北野さんだけ分からないです。
移籍先見てびっくりしたのがcheese!です。これはカオスすぎませんか?
なんか凄い雑誌になりそうです。あらいさんがcheese!なのが意外でした。ベツコミに来て欲しかったです。cheese!はエロばっかで中身がないって感じのイメージです。(前試し読みした時びっくりしました)
内容重視の作家さん少ない気がします。この移籍がきっかけでcheese!が変われば良いんですが。好きだった作家さんがcheese!や少コミに行ってしまい悲しいです。おおばやしさん好きですが絵柄変えないとcheese!読者にうけない気がします。
他の作家さんも雑誌に合わせて絵柄変えたり話変えたりするんだろうなー。色々大変だと思いますが頑張って欲しいです。
chuchu最後は買おうと決めていたので3年ぶり?に買いたいと思います。知らない作家さん沢山いますけどね。
グラフ分かりやすかったです(・∀・*)
From: トラ * 2009/12/29 01:05 * URL * [Edit] *  top↑
お久しぶりです。
今回の移籍先で一番目に付くのは、トラさんのおっしゃるように、やはりCheese!でしょうね。一時期のちゃおを支えた、ある程度実績のある作家さんがこぞって移っているので、なにかちゃお側の思惑のようなものを感じます。

一口にCheese!と言っても、本誌勢とモバフラ(ケータイコミック)勢でわけて考えるのが普通で、モバフラは過激なエロ一辺倒という感じなのですが、本誌の方は比較的レベルの高い作家さんが集まっています。特にここ数年の充実っぷりは目を見張るほどで、青木琴美先生をはじめ、相原実貴先生や藤原よしこ先生、宮坂香帆先生など中堅作家さんの層が非常に厚くなっています。また最近だと藤間麗先生がファンタジー作品で頭角を現してきており、まだまだ良くなりそうな印象があります。もし機会があったら、チェックしてみてください。

あらい先生やおおばやし先生、陣名先生、高宮先生にはなんとか頑張ってもらいたいですね。ちゃおやちゅちゅの時のような作風のままでは若干厳しいかもしれませんが、ベツコミやプチコミに比べ自由度は高いので、定着の余地は十分あるのではないかな、と思います。これらの先生が上手くフィットしてくれたら、相当面白い雑誌になるはずですよ!
From: いづき * 2009/12/29 13:52 * URL * [Edit] *  top↑
ようやくchuchu読み終わりました。分厚くて時間かかりました。これまでのあらすじのおかげでなんとか話についていけましたよ(・∀・)
思ってたより楽しめました。知ってる作家さんばっかで懐かしかったです。
北野さんの漫画が読めて良かった。
藤間麗さんの「黎明のアルカナ」は携帯で前試し読みしました。
今度ちゃんと読んでみます。
あらい先生やおおばやし先生、陣名先生、高宮先生には本当に頑張って欲しいです。後宮脇先生も。
高宮さんの「わたしの+おくすり」可愛らしくて好きでした。
あらいさんcheese!6月号と7月号に載るみたいなので読んでみようと思います。
そうですね!!
少コミもcheese!も移籍がきっかけで相当変わると思います。どんな雑誌になるか楽しみです。
From: トラ * 2009/12/30 01:13 * URL * [Edit] *  top↑
コメントありがとうございました。
Cheese!,ベツコミ,Sho-Comiあたりは、移籍後の作品も追いかけていく予定ですので、気長にお待ちくださいませ!

From: いづき * 2009/12/30 19:59 * URL * [Edit] *  top↑
ちゅちゅ、とうとう、おわっちゃいました………………v-239
休刊してサイアク……です………i-195オレら降林(杉山美和子先生) 7センチ(七島かな先生) 笑ってヒミコさん(中島ゆか先生) ウルトラmixこれくしょん(水都あくあ先生) 包帯少女(こはく那音先生) 初恋指南(やぶうち優先生) 純★愛センセーション(おおばやしみゆき先生)
本っっっっっっっ当にすきでしたi-199おわってほしくないっっi-238i-199
From: イチゴ * 2010/01/05 21:07 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。