このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2010.01.11
1102846533.jpg双葉よう「蜜柑次郎」(1)


ちょうどいい
お前には前から言っておきたいことがあった
この世の宝はすべて私のものだ



■蜜柑から生まれた蜜柑次郎は、巷を騒がせる人気退治屋。その素性は謎に包まれているが、町の女子たちの噂によると…「身長187センチ」「端正な顔立ちでクールな性格」「笑顔が素敵」etc.しかしその実、端正な顔立ちではあるものの、身長わずか数センチ。正義感や使命感などそっちのけ、優先すべきは金銀財宝、お供(?)のカエルはこき使いまくりの俺様少年。そんな彼の、目下の目的とは…!?

 蜜柑から生まれた蜜柑次郎の冒険譚…ではなく、財宝ハンティングコメディ。まず表紙のかわいらしさが素敵。白地にシンプルなデザインで、蜜柑色な配色と、個人的にツボな要素が入りまくりです。主人公は表紙にいる少年・蜜柑次郎。一緒に描かれている蛙はそのまんまの大きさ…ということで、蜜柑次郎がとっても小さいということがおわかりになるでしょう。なんていうか桃太郎と一寸法師の間の子みたいな。そんな彼の職業は、退治屋(という名目の財宝ハンター)。金銀財宝の匂いがする方向へカエルと一緒に赴くと共に、小さい身から大きい身になる方法、そしてついでに呪われてカエルの姿になってしまったカエルを元に戻す方法を探る日々。そんな彼らの行く先々には、何やら見たことある昔話の登場人物たちが…


蜜柑次郎
かぐや姫との一件。サイズ的にはこんなものです。何より特筆したいのがカエルくんの存在。彼が突っ込み役をしてくれるから、広がりすぎても空中分解しないで形になります。そして同時に不幸を一手に受ける…。なぜか「みなみけ」のまことボイスで再生されます。なんでだろ…。


 蜜柑次郎の目下のライバルは、同じ退治屋をする桃太郎。道中では一寸法師に会ったり、かぐや姫の悩みを解決したり、お供のカエルは呪いによって姿を変えられた異国の王子だったりと、一般的に広まっているおとぎ話や昔話の要素がたっぷり詰まっています。ただしそれをそのままの設定・物語展開で使用するはずもなく、しっかりとオリジナルに味付けしたお話を用意。上手いことユルめでテンポの良いコメディにフィットさせています。主人公は自由奔放に動き回り、それを貧乏くじ引きがちなカエル王子がフォローして失敗する。みたいな関係性。メインの二人はもちろんですが、どのキャラもしっかりと特徴が与えられ、物語の中でしっかりと主張をしてきます。ややウルサくなりがちですが、それがある意味では面白さに繋がるわけで。
 
 そういえばドラえもんで、色々な昔話を混ぜちゃうみたいな話(ドラビアンナイトでしたっけ?)がありましたが、そういった発想からドタバタコメディに落とし込んだような感じ。ちょいと大味な気もしますが、これで良いと感じさせてしまう、不思議な味わいがあります。ゴツボ×リュウジ先生とか、そういう系統の自由な匂い。1巻の時点ではストーリー的な広がりはないものの、設定として蜜柑次郎の出自や、カエルの今後など、展開させうる要因は散見されるので、そちらでも期待が持てるのではないでしょうか。 
 

【男性へのガイド】
→桃太郎や一寸法師、王子がイケメンに描かれているあたりは、やはり女性向けという感じ。それでもコメディですし、一定の読みやすさはあると思います。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→現時点ではどちらに転ぶかはわかりませんが、ストーリーが機能しても、逆になぁなぁになってしまっても、どっちでも成功な気がする。やや色モノくさいので、オススメはしづらいですが。


作品DATA
■著者:双葉よう
■出版社:マッグガーデン
■レーベル:BLADE COMIC avarus
■掲載誌:アヴァルス(2009年2月号~連載中)
■既刊1巻
■価格:571円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。