このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
2010.03.05
konomanngagasugoi.jpgこのマンガがすごい! 2010


■「このマンガがすごい!」のオンナ編のラインナップを見ていて「やけに男性受けしそうなラインナップだなぁ。男性選者の影響が大きい気がする。」と思うことがありまして、これ女性選者だけに絞ったらだいぶ違った順位になるのでは、ということで検証してみました。対象は、現時点で手元にあった2008~2010の3年分。

※女性選者ということですが、有名なライターさんなどなら良いものの、そうでない選者の方もいるわけで、そういった方々は基本名前で判断。判断しづらい方は除外してあります。故に完璧な順位ではありませんが、それなりに信頼度は高いかと。集計方法は各年度と同じ形で計算しています。

2008年オンナ編順位
順位作品名作者名掲載誌
1位(160pt.)君に届け椎名軽穂集英社「別冊マーガレット」
2位(153pt.)海街Diary吉田秋生小学館「flowers」
3位(90pt.)オトメン(乙男)菅野文白泉社「別冊花とゆめ」
4位(87pt.)フラワー・オブ・ライフよしながふみ新書館「Wings」
5位(73pt.)うさぎドロップ宇仁田ゆみ祥伝社「フィール・ヤング」
6位(67pt.)GENTE~リストランテの人々~オノナツメ太田出版「マンガ・エロティクスF」
7位(60pt.)RealClothes槇村さとる集英社「YOU」
8位(55pt.)eensy-weensyモンスター津田雅美白泉社「LaLa」
9位(52pt.)高校デビュー河原和音集英社「別冊マーガレット」
10位(50pt.)光の海小玉ユキ小学館「flowers」

↓↓↓↓↓

女性選者のみの場合
順位作品名作者名掲載誌
1位(105pt.)海街Diary吉田秋生小学館「flowers」
2位(82pt.)君に届け椎名軽穂集英社「別冊マーガレット」
3位(61pt.)オトメン(乙男)菅野文白泉社「別冊花とゆめ」
4位(47pt.)フラワー・オブ・ライフよしながふみ新書館「Wings」
5位(35pt.)舞姫 テレプシコーラ山岸凉子メディアファクトリー「ダ・ヴィンチ」
6位(34pt.)RealClothes槇村さとる集英社「YOU」
7位(32pt.)うさぎドロップ宇仁田ゆみ祥伝社「フィール・ヤング」
8位(28pt.)くいもの処 明楽ヤマシタトモコ東京漫画社
 GENTE~リストランテの人々~オノ・ナツメ太田出版「マンガ・エロティクスF」
 NANA矢沢あい集英社「クッキー」
 プライド一条ゆかり集英社「コーラス」


…1位は「海街Diary」に。また「舞姫 テレプシコーラ」が13位から一気にジャンプアップ。その他BL作品の「くいもの処 明楽」と、人気作「NANA」がそれぞれ20位圏外からランクインしてきた。




2009年オンナ編順位
順位作品名作者名掲載誌
1位(148pt.)坂道のアポロン小玉ユキ小学館「flowers」
2位(131pt.)駅から5分くらもちふさこ集英社「コーラス」
3位(128pt.)ちはやふる末次由紀講談社「BE・LOVE」
4位(78pt.)君に届け椎名軽穂集英社「別冊マーガレット」
5位(76pt.)町でうわさの天狗の子岩本ナオ小学館「flowers」
6位(71pt.)雨無村役場産業課兼観光係岩本ナオ小学館「flowers増刊凛花」
7位(70pt.)ランダバウト渡辺ペコ集英社「コーラス」
8位(67pt.)夏目友人帳緑川ゆき白泉社「LaLa」
9位(60pt.)結婚しなくていいですか。
すーちゃんの明日
増田ミリ幻冬舎
10位(57pt.)少女漫画松田奈緒子集英社「コーラス」

↓↓↓↓↓

女性選者のみの順位
順位作品名作者名掲載誌
1位(63pt.)坂道のアポロン小玉ユキ小学館「flowers」
2位(62pt.)町でうわさの天狗の子岩本ナオ小学館「flowers」
3位(58pt.)駅から5分くらもちふさこ集英社「コーラス」
4位(48pt.)ちはやふる末次由紀講談社「BE・LOVE」
5位(45pt.)雨無村役場産業課兼観光係岩本ナオ小学館「flowers増刊凛花」
6位(42pt.)同級生中村明日美子茜新社「OPERA」
7位(41pt.)大奥よしながふみ白泉社「メロディ」
8位(39pt.)君に届け椎名軽穂集英社「別冊マーガレット」
9位(35pt.)幾百星霜雁須磨子太田出版「マンガ・エロティクスF」
10位(31pt.)flat青桐ナツマッグガーデン「アヴァルス」
 Real Clothes槇村さとる集英社「YOU」


…1位は変わらずも、「町でうわさの天狗の子」が2位にランクアップ。また6位にBL作品の「同級生」が入り、「大奥」も19位からこの位置に。また「flat」も20位圏外から入り、「幾百星霜」も13位からランクアップ。




2010年オンナ編順位
順位作品名作者名掲載誌
1位(147pt.)ちはやふる末次由紀講談社「BE・LOVE」
2位(118pt.)君に届け椎名軽穂集英社「別冊マーガレット」
3位(92pt.)ママはテンパリスト東村アキコ集英社「コーラス」
4位(85pt.)海月姫東村アキコ講談社「KISS」
5位(78pt.)となりの怪物くんろびこ講談社「デザート」
6位(75pt.)娚の一生西炯子小学館「flowers」
7位(72pt.)青空エール河原和音集英社「別冊マーガレット」
8位(60pt.)午前3時の無法地帯ねむようこ祥伝社「フィール・ヤング」
9位(49pt.)潔く柔くいくえみ綾集英社「クッキー」
9位(49pt.)flat青桐ナツマッグガーデン「アヴァルス」

↓↓↓↓↓

女性選者のみの順位
順位作品名作者名掲載誌
1位(68pt.)ちはやふる末次由紀講談社「BE・LOVE」
2位(52pt.)となりの怪物くんろびこ講談社「デザート」
3位(49pt.)海月姫東村アキコ講談社「KISS」
4位(47pt.)君に届け椎名軽穂集英社「別冊マーガレット」
5位(46pt.)flat青桐ナツマッグガーデン「アヴァルス」
6位(43pt.)青空エール河原和音集英社「別冊マーガレット」
7位(39pt.)ママはテンパリスト東村アキコ集英社「コーラス」
8位(38pt.)失恋ショコラティエ水城せとな小学館「flowers増刊凛花」
9位(36pt.)娚の一生西炯子小学館「flowers」
10位(31pt.)ガラスの仮面美内すずえ白泉社「別冊花とゆめ」


…「となりの怪物くん」が2位に上がった。また「失恋ショコラティエ」と「ガラスの仮面」がそれぞれランクイン。「flat」も2年連続で順位を上げたが、「君に届け」は逆に3年連続で順位を落とす形に。また東村アキコの作品は、「海月姫」と「ママはテンパリスト」がそれぞれ順位を逆転させた。



■なんとも微妙な結果でしたが、下位に関してはその影響が見てとれたような気がします。女性のみにすると、BL作品が一気にランクアップしたりと、途端に腐の匂いがしてくるといいますか。
 ちなみにこういった変化があるんだぞ、というだけで、何が問題だということはないです。一応ウチのブログは男女に趣味の違いがあるという前提で運営しているので、あくまでその前提の検証をしてみたというだけのこと。3年連続で順位を下げた「君に届け」などは、「女性からの支持がない」のではなく、「男性からも広く支持されている」と考える方が妥当で、ウチとしてはそういった作品にこそ目を向けていくべきなのかもしれませんね。

カテゴリ雑記コメント (3)トラックバック(0)TOP▲
コメント

 『君に届け』『夏目有人帳』『Gente~リストランテの人々~』など、最近になってアニメ化した作品の大半は、「女性のみ」だと順位が下がってますね。やはり「男性の支持も得られる作品」の方が視聴率が稼げるという制作者側の思惑なのでしょうか。
 例外は『NANA』ですが、同作品のブームのピークは2005年頃だったと思うので、その頃の順位なら、男性選者を混ぜてもかなり上位にいたのではないかと。逆に言えば、新作重視の傾向のあるこの本で、2008年の時点であえて『NANA』を推す人々はかなりディープな固定ファンだと思うので、そのレベルの層になると、やはり女性の方が多いのでしょうね。
From: 闇霧 * 2010/03/05 13:44 * URL * [Edit] *  top↑
結果は微量ですが、男性の影響があったのだろうなという感じは印象として受けますね。
BL面白いものは面白いけど、のめりこむまでの道筋が狭き門って気もします。
From: 遠藤 * 2010/03/05 17:44 * URL * [Edit] *  top↑
>闇霧さん
「Gente~リストランテの人々~」が下がったのは正直意外だったんですよね。そういえばアニメ化していたのでした、やっと謎が解けました。「NANA」は2006、2007とTOP10にランクインしていたと思うので、そちらで集計するとまた違った結果になったのかもしれません。

>遠藤さん
 おかえりなさい!早速力の入った記事でしたねー。
 私もBLに挑戦中なのですが、慣れるまでには時間がかかりそうです。
From: いづき * 2010/03/05 19:08 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。