このエントリーをはてなブックマークに追加
2010.04.03
■困った時の、統計(集計)ネタ。前回はまとめサイトから拾ってきましたが、今回は某巨大掲示板の少女漫画板にあった、「男が選ぶ少女漫画BEST5」というスレッドでの集計。今年の頭まで残っていたものの、982レスまでいって落ちてしまいました。少女漫画板にわざわざ出入りする男性のチョイスする作品は、やはりどこか濃いというか、クセのある作品が多い印象。それゆえに、あまりランキングにする意味はないのですが、せっかくですので…。


スレッドはこちらにまとめてあります→男が選ぶ少女漫画BEST5 -その1


ルール的なもの
→順位は考慮しない。1位でも5位でも、1票で集計
→6作品以上挙げられている場合、順位が書いてある時は上位5位まで、書いていない時は出てきた順に5作品まで。
→4作品以下でも、集計対象にする。


ではではどうぞ…
結果
順位作品名作者名掲載誌
1位(26pt.)君に届け椎名軽穂集英社「別冊マーガレット」
2位(24pt.)ガラスの仮面美内すずえ白泉社「別冊花とゆめ」ほか
3位(23pt.)動物のお医者さん佐々木倫子白泉社「花とゆめ」
4位(20pt.)のだめカンタービレ二ノ宮知子講談社「KISS」
5位(19pt.)こどものおもちゃ小花美穂集英社「りぼん」
6位(18pt.)フルーツバスケット高屋奈月白泉社「花とゆめ」
7位(16pt.)BASARA田村由美小学館「別冊少女コミック」
8位(15pt.)ハチミツとクローバー羽海野チカ集英社「ヤングユー」ほか
9位(14pt.)7SEEDS田村由美小学館「flowers」
9位(14pt.)パタリロ!魔夜峰央白泉社「別冊花とゆめ」ほか
11位(13pt.)スキップ・ビート!仲村佳樹白泉社「花とゆめ」
12位(12pt.)彼氏彼女の事情津田雅美白泉社「LaLa」
13位(12pt.)天は赤い河のほとり篠原千絵小学館「少女コミック」
12位(12pt.)桜蘭高校ホスト部葉鳥ビスコ白泉社「LaLa」
15位(11pt.)姫ちゃんのリボン水沢めぐみ集英社「りぼん」
15位(11pt.)日出処の天子山岸凉子白泉社「LaLa」
17位(10pt.)ポーの一族萩尾望都小学館「別冊少女コミック」
17位(10pt.)ベルサイユのばら池田理代子集英社「マーガレット」
17位(17pt.)赤ちゃんと僕羅川真里茂白泉社「花とゆめ」



■君に届け強し。アニメ化する前から話題に上ることが多く、広く支持を集めていました。2位は「ガラスの仮面」。どちらも連載中の作品であるところも、興味深い点です。前回1位だった「動物のお医者さん」はこちらでも健闘し、3位に。一方前回2位であった「赤ちゃんと僕」は今回17位と、大きくその位置を下げました。上位は前回とあまり変わらないラインナップになりましたが、下位に「日出処の天子」や「ポーの一族」、「天は赤い河のほとり」、「ベルサイユのばら」など、やや年代古めの名作が入り、少女漫画好きの片鱗を見せつけられる形となりました。もしかしたら年齢層高めゆえなのかもしれませんが。

 このランキング自体には何の意味もないと、個人的には考えています。コアな少女漫画読みの男性が挙げる作品はその多くがマイナーな作品で、こうして多数の意見を取ると、自然とライトな層の意見が反映されやすくなる傾向があるように思います。それはそれで良いのですが、それだけだとこのスレッドを取りあげる意義が薄くなってしまう気もするので、ランキングに関しては「こんな感じなのね」と軽く受け取っていただければ。むしろ購入時の参考にする際に注目するべきは、個々のレス。自分と嗜好が似ている人の作品を参考にすると、より「当たり」に出会える確率が上がるのではないでしょうか。

カテゴリ雑記コメント (5)トラックバック(0)TOP▲
コメント

ポーの一族と萩尾望都さんが逆だよ!
From: 通りすがり * 2010/04/04 00:50 * URL * [Edit] *  top↑
修正させていただきました。
ご指摘ありがとうございました。
From: いづき@管理人 * 2010/04/04 01:49 * URL * [Edit] *  top↑
このスレッドは、20代以上の男性が中心に書き込んでいるようなので、どうしても「懐かしい」漫画のランキングになりますね。

私はむしろ、「男子中高生が選ぶ少女漫画ランキング」が知りたいです。
『夢色パティシエール』などのアニメ化作品が中心なのか、『花より男子』などの実写ドラマ化・映画化された作品か、それとも『青空エール』などの青春ド真ん中の学園モノが上位に来るのか?というところに、興味があります。
From: シャドー * 2010/04/04 09:16 * URL * [Edit] *  top↑
おつかれさまです。

ガラスの仮面が2位で、天は赤い河のほとりもランク入りしてるのに、王家の紋章が入ってない・・・。

動物のお医者さん、のだめあたりはふつうの男が読んでも楽しめる名作で、順当ですね。
でも、ちはやふるがランク入りしないんですね-。

BANANA FISHとかも入ってこないんですね。
あまり、少女マンガっぽくないですけど。

しかし、ブランク長かったせいか、読んだことがない作品が多いです。
From: しろくま * 2010/04/04 13:31 * URL * [Edit] *  top↑
BANANAFISHが入ってないだと…!
あれこそ男が読むべき漫画なのに。
From: 東 * 2010/04/06 13:10 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。