このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.05.01
作品紹介⇒いくえみ綾「潔く柔く」
11巻レビュー⇒心の中のしこりの正体…《続刊レビュー》「潔く柔く」11巻
関連作品紹介⇒いくえみ綾「いとしのニーナ」



1102894536.jpg潔く柔く 12 (マーガレットコミックス)


ちゃんと
思い出してやれよ



■12巻発売しました。
 禄から風邪を引いたと連絡を受け、家を訪ねたカンナは、禄もまた罪悪感を抱えて生きていることを知る。さらに禄から、「ためしに付き合ってみない?」と告白をされるが、梶間の訪問によりうやむやに。その後仕事の現場で、朝美と再会をするのだが…。一方禄は、梶間が訪ねてきて以来、時折子どもの幻を見るようになっていた。その姿は、どことなく希実に似ているような気がしなくもない。お互いが、真に過去と向き合うときが訪れようとしていた…


~まだ続きます~
 12巻で完結かと思っていたのですが、完結手前で13巻完結になるらしいですね。2010年へ向けてのオススメ作品集の記事にて1位に挙げたのですが、予感通りのすばらしい完結を迎えてくれそうです。今回は、カンナと禄がそれぞれ過去に向き合い、罪悪感を抱え生きていくことを、改めて自覚し消化していく過程が描かれました。カンナ編のテーマは、死をめぐる罪悪感。まさに、ラストへと駆け抜けていくにふさわしい展開だったと言えると思います。


~カンナを軸として見たときの、禄の役目、梶間の役目~
 カンナはあの日以来、自分の時間をとめてしまいました。ずっとあの時間に縛られ、いつまでも15歳のまま、喪失感と罪悪感に苛まれ続けていたのです。そこからの変化を、この物語では描いていったのですが、その足がかりとしてまず描かれたのは、真山との再会でした。そこで彼が先に進んでいっていることを確認した彼女でしたが、それだけでは不十分。わずかな変化は見せたものの、結局は立ち止まったままでした。まだやり残したことがいくつもあったのです。そんな彼女が、その後回収すべきイベントとして考えられるのが、朝美との再会、そしてハルタとの再会。しかし自発的にアクションを起こすことがないであろうことは明白です。そこで、禄というキャラを彼女に近づけ、彼女を時間の淀みから引っ張りあげる役割を果たさせました。9巻にてカンナは、朝美と再会し、そしてハルタとも向き合うようになりました。元々カンナ編ベースで進んでいたことを考えると、禄は彼女のために用意されたキャラなのではないかなぁ、とついつい思ってしまいます。そして話の構造的にあぶれてしまう最初の登場人物・梶間を、禄にとっての手助け役にすることで、構成のアンバランスさは回避。うーむ、これは勝手な想像なのですが、もしそうだったとしたら本当に上手いなぁ、と。


~二通りの再会~
 今回はカンナと禄それぞれが、罪悪感の源泉となった相手への再会を試みることが見所となりました。しかし再会時の二人の状況は全くの逆と言ってよい状態で、非常に興味深いものとなっていました。まずはカンナが、ハルタの腹違いの弟に会うのですが、そのときの感想は…


潔く柔く
似ていなくてよかった

 彼の存在が、決して上書きされていなかったことを再確認し、改めてここからハルタに向き合っていくことができるようになったのです。一人で抱え込んでいたものを、やっと下ろすことが出来た。禄の「ちゃんと思い出してやろうよ」という言葉をそのまま再現するように、次の話の冒頭は、カンナの…

あのね
ハルタ

 というモノローグから始まります。開放ではない、やっと向き合えたというレベルではありますが、彼女にとっては大きな一歩。ああ、これでやっと前に進むことが出来たのかと、このシーンで不覚にも泣いてしまいましたよ。

 さて、その後は禄が、希実の姪にあたる睦実に会いに行きます。そのときの禄の反応は…


やわく2
柿之内とおんなじ顔した睦実が…

 禄の場合は逆に、睦実が希実にそっくりだったからこそ、救いが得られました。罪悪感の源泉となった相手に、本人とは違う形で再会し、救われるというのは、「寄生獣」などでも見られた光景ですね。似ていなくて良かったというのも、似ていたから良かったというのも、どちらもありえる形で、ひとつの話の中でそれを両立させたというのは、凄いことだと思います。どちらが正しくて、どちらが間違っているというわけではありません。どちらも彼らに救いをもたらしてくれました。こうして答えを一つに縛らないってのは、素敵なところだなぁ、と。


~いよいよ次巻、最終巻です~
 13巻にてカンナ編は完結。次巻では、カンナと禄の恋愛という部分が描かれるのでしょうかね。ハルタと向き合うことと、禄と向き合うことは両立できるのか。そしてカンナの向かっていく先とは。今から楽しみであり、同時に終わってしまうことが少し残念でもあります。何はともあれ、心して待ちましょう。


■購入する⇒Amazon
 
カテゴリ「Cookie」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。