このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2010.05.03
■実家から簡易更新。今月は記事少な目でレビュー漏れも多いですが、抑えるべき作品はピックアップできたんじゃないかと思います。上位は良作揃いですので、ぜひともチェックを。リンク先はレビュー記事ですです。



1.いくえみ綾「潔く柔く」12巻
1102894536.jpg
…ラストへ向けて、なくてはならない展開。ここが一番の見所になるのではないかという予感も。とにかくすばらしいの一言に尽きる充実の内容でした。



2.奈々巻かなこ「港町猫町」
1102894232.jpg
…今月の新作では一押し。寂しさを抱える女性と、寂しがりやの猫が結ぶ、優しく切ない絆。ファン多ジックに仕上げるからこそ、辛くならずに読める秀作。



3.岩本ナオ「雨無村役場産業課兼観光係」3巻
1102894231.jpg
…堂々完結。細かいところに、色々な仕掛けが。スミオという特殊な存在の居場所を、しっかりと雨無村の中に作り上げてくれたラストが凄く良かった。感動しました!



4.羅川真里茂「朝がまた来るから」
1102894441.jpg
…名手・羅川真里茂による、“罪”をテーマに描く珠玉の読みきり集。無駄なく綺麗に作られた物語は、圧巻の一言。明るくはないが、優しさと救いはしっかりとあります。読んで損は無し。



5.小村あゆみ「うそつきリリィ」1巻
1102894528.jpg
…ヒロインよりかわいい女装男子とのハチャメチャな毎日を描いた、異色ラブコメ。マーガレットらしさを存分に発揮した、テンポ良し、ときめきアリの読みやすい作品に仕上がっています。



6.尾崎あきら/誉田哲也「武士道シックスティーン」2巻
1102894534.jpg
…アツい展開に目が離せません。読み応え抜群の剣道マンガ。メイン二人のやり取りもさることながら、脇を固める先輩方もまた素敵でした。



7.岩本ナオ「町でうわさの天狗の子」6巻
1102894230.jpg
…再び3人が、同じラインから恋愛模様を展開。中だるみは完全に解消され、ここにきて一番面白い時期に差し掛かっているように思います。買うなら今ですよ!



8.熊岡冬夕「マイヒーロー!」2巻
1102894303.jpg
…勢いは削がれるどころか、増すばかり。不恰好でも、好きだと言う気持ちを全力で伝えることの素晴らしさを感じることが出来ます。青春とはまた一味違う、全力疾走っぷりがマーベラス!



9.やぶうち優「初恋指南」4巻
hatsukoisinan.jpg
…完結しました。ちゅちゅの代表作はおそらくこの作品になるのではないでしょうか。マンガ愛が詰まったこの作品、少女漫画好きならぜひチェックしてもらいたいです。



10.館野とお子「変わる世界」
1102894493.jpg
…BLですが、新作ということでこちらにて。ドライだけれど、味のある独特の空気感がドツボでした。青春しながら生きる青少年の独特のノリが上手く表現されていたように思います。


■岩元ナオ先生の新刊はどちらもハイクオリティ。両方とも印象に残る出来具合となりました。是非ともチェックを。またいくえみ綾先生の新刊は、ラストへ向けて着々と。ここまでしっかりと仕上げられると、もう感動するほか無いと言う。

 また今月は、新作に印象的な作品が。「朝がまた来るから」と「港町猫町」はどちらも独特の雰囲気で、味わい深い作品となっています。これはチェックしておいて損はないかと。
 
 またマーガレット勢からは、剣道ものと女装ものを。どちらも見所満載で、男性にも非常に読みやすい内容となっていると思います。どちらもまだ巻数少ないので、今のうちにチェックを。

 

その他オススメタグをつけた作品
高宮智「S×M」
滝口琳々「新☆再生縁 -明王朝宮廷物語」1巻
小山鹿梨子「もやし男と種少女」
海野つなみ「小煌女」1巻
にざかな「4ジゲン」


その他オススメ続刊
小椋アカネ「絶対平和台作戦」3巻
中嶋ゆか「わらってヒミコさん」3巻
田川ちょこ「ひかるファンファーレ」2巻
日向なつお「ありをりはべり」2巻

カテゴリ今月のオススメコメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。