このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2010.05.10
1102894742.jpg時計野はり「学園ベビーシッターズ」(1)


おばあさん
俺たちが誰も
一人ぼっちじゃないってほんとだね



■飛行機事故で両親を亡くした竜一と幼い弟の虎太郎。身寄りがなくなったことに、いまひとつ実感も湧かないまま困惑していた二人に、手を差し伸べてくれたのは、同じ飛行機事故で息子夫婦を亡くしたとある学園の理事長。しかしただ引き取ってくれるのではなく、とある条件付き。それは、学園の保育園でベビーシッターをすること!!パワフルな子供たち相手に、竜一は…!?かわいくて笑えて泣ける、スクール子育てスクランブル第1巻!

 時計野はり先生の、LaLaでの連載作品です。今度の舞台は、学園の保育室。それでは内容のご紹介を。主人公は、飛行機事故で両親を亡くした高校生の竜一。幼い弟・虎太郎と共に、同じく飛行機事故で息子夫婦を亡くしたというとある学園の理事長に引き取られ、その屋敷へと向かいます。パッと見怖そうなその引き取り手のおばあさんは、見た目通りの怖い方。ただ引き取るなんてことはせず、「世の中全てギブアンドテイク、面倒見るから学園のベビーシッターになれ」と命じます。そんなわけで、学園備え付けの保育室にてベビーシッターをすることになった竜一は、そこで新たな出会い・経験を重ね、弟・虎太郎をはじめとした保育室の子供たちと成長していくのでした。


学園ベビーシッターズ
キレイであたたかい関係というのはすでにある。あとはそこにいかに味付けしていくか。恋愛要素投入の鍵を握りそうなのが、黒髪ツンデレ美少女・猪又さん。


 学園に設置されている保育室をメインに繰り広げる、「スクール子育てスクランブル」。ということで、家族愛を描いた感動路線と、学園風景を描いた青春路線の二つが描かれるという美味しい設定になっています。主人公はどちらかというと真面目な青年。そんな彼が、保育室の一員として奔走し、保育室に預けられている子供たちを始め、周囲にいる人間との触れ合う様子を描き、感動を作り出していきます。基本的には、家族愛・人間愛的な温かさを描いた感動路線。それは代表作でもある「お兄ちゃんと一緒」(→レビュー)でも描いていたもので、ある意味安心の出来と言えます。
 
  また、人間愛中心であるためにトキメキは薄め。今のところ舞台は保育室メインで、学園設定があまり発揮されていないという状況で、唯一頻繁に登場する友人も男の子と、恋愛要素は皆無となっています。一応黒髪ロングのクール美女が登場し、レギュラー化しているので、これからの展開に期待というところでしょうか。やっぱり時計野はり先生は顔を赤らめる女の子を描いてこそだと思うんですよ!…なんて言った矢先にこんな記事が。
 
 今のところ1話完結パターンで、予定調和に話がまとまるために、若干のもの足りなさはあるかも。但し現時点では登場人物の特徴・関係を掴もうという段階であり、ある程度話が進めば、然るべき人物たちで然るべき物語というのが展開されるのではないでしょうか。この段階では「良い」とは明言できないものの、「キラメキ☆銀河町商店街」(→レビュー)みたいな例もありますから、個人的な期待度は高めだったりします。ほんとは「LOVE SO LIFE」(→レビュー)みたいな方向に進んでもらえると嬉しいのですが、どうなるのでしょうか。


【男性へのガイド】
→この手の感動は圧倒的に女性からの支持が多い気がします。男性は、ちょっと薄いと感じるかも。伝家の宝刀、時計野はり先生の描く女の子は、今のところツンデレ美女が一人。今後は彼女次第といったところでしょうか。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→他の作品と無意識に比較してしまい、どうにも掴めないまま読み終わってしまったのですが、まだ全てを決めつける段階ではないと思うんだ。まだ薄い。けれどこれから濃くなる・味が出る可能性は十分にあり。キュートでハートフルなストーリーがお好きな方には、無条件でおすすめです。


■作者他作品レビュー
*新作レビュー*時計野はり「逆転ハニー」

作品DATA
■著者:時計野はり
■出版社:白泉社
■レーベル:花とゆめCOMICS
■掲載誌:LaLa(平成21年11月号~連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「LaLa」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
コメント

昨日5巻買いました!!
1巻からすごく面白い漫画だと思っていました。
5巻で、狼谷 隼の<元>親父の話ですごくビックリしました。
みどりのように、父親は、仕事でいないのかと思ってました。
でも「離婚した。」何て普通に言った狼谷はスゴイと思いました!
私の親も離婚していて、母と、兄と3人で暮しています。
だから隼と鷹には感情移入してしまいました・・・・。
父親が来なくて泣いてしまった鷹と父親の部屋から追い出された隼
がかわいそうでした・・・。
でも2人とも前向きでスゴイと思いました!
私だったら、親が離婚した事を誰にも言わないと思います。
あ。事実ですね★
これからも頑張って下さい!!
GOOD:BAY








From: HAPPY★ * 2012/05/27 21:24 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。