このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [4コマ] 2010.05.11
1102905655.jpg矢直ちなみ「一緒にかえろう」(1)


ふみだせ
泣きむし
…ゆっくりとな!



■春・16歳、詩緒・15歳。6年ぶりに再会した2人は、ちょっとヘンテコな幼なじみ。長髪の似合う美人の詩緒は、当時見ためは男の子で、春はすっかり男の子と勘違い。あろうことか恋をし、再会するまでそのときの想い出を大切にとっていた。再会し、女の子だったと知ったときのショックは大きかったけど、今ではちゃんと友達として付き合っている。元気いっぱいだけど、いい加減な性格の春と、引っ込み思案で泣き虫の詩緒。変わった形で再会を果たした二人の、新たな毎日が始まった…!!

 矢直ちなみ先生の新作4コマでございます。とりあえず表紙が素敵ですよね。買うか迷っていたのですが、店頭で見て即決で購入してしまいました。お話は、6年の時を経て再会を果たした二人の女の子の毎日を描いた作品。話のポイントは、6年前の勘違いによる、変わった再会の仕方にあります。表紙でいうと左側にいる女の子・春は、6年前の夏休みに、表紙左の女の子・詩緒に出会います。今でこそ髪が長くて胸も大きく、実に女の子らしい詩緒ですが、当時は髪も短く男の子のような格好をしていました。そのため春は、詩緒に恋心を抱くように。間もなく詩緒は引っ越していってしまうのですが、その後も文通は続け、このたび6年ぶりに町に戻ってきたのでした。再会してみて春はびっくり。どんな素敵な男の子になっているだろうと思っていたら、目の前に現れたのは黒髪なびかせる美人さん。春の初恋は見事に天に召されるも、二人の仲は変わることなく、今度は同性の友達として、高校生活を送っていくことになるのでした。


一緒にかえろう
詩緒は驚くほど泣き虫。いつも心配を重ね、勝手にプレッシャーを感じ、そして堪らなくなってないてしまう。そんな彼女を支える、春。


 帯には「出会いは初恋のわたしたち。思い出より今がすき。」という文字が。表紙の感じも相まって、なんとなく百合を想像させてきますが、内容はまったく百合ではありません。久々に再会した詩緒は、転校が重なったこともあり、他人と仲良くする術をなかなか学べず、自らバリアを作って人を遠ざけるような振る舞いを無意識のうちにしてしまっているところがあります。本当はとっても気が弱くて、皆と仲良くなりたいのに、怖いし勇気がない。そんな彼女をなんとか溶け込ませようと、春を始めとしたクラスメイトたちがあの手この手でアプローチ。変わることのない(成長のしない)春と、変わろうと努力する詩緒。全く正反対の性質を持った仲良しの二人ですが、それだからこそ相性抜群。一緒に悩んで泣いて笑い合って…一つ一つゆっくりと精一杯解決していくそれぞれの姿が、とっても眩しいです。
 
 二人の他にも、周囲を固める脇役に個性派多数。春の仲良しで笑顔で怒る、二人の世話役的ポジション真名ちゃんに、春に想いをよせる男の子・葉月、お調子者の伊藤くん、そしてイジワルな性格の杉山さんなど、男女に4コマで動かしやすそうなキャラクターを配置しています。1巻の時点では、いつまでもウジウジしている詩緒を、いかにクラスに溶け込ませるかという部分に終始しており、友情一辺倒で話が展開。確かに良い話なのですが、それだけだとお腹がすいてきます。そのままラスト付近まで駆け抜けて行くのですが、最後になって恋愛展開と詩緒の家庭事情でのフラグが立つというスパートを見せてきます。軸としてある友情というものに、いかに恋愛と家族愛を絡めていくのか。このレーベルだからこそ、その3本両立を期待したい所ですが、果たして。個人的には、友情展開でもっと丁寧に描けばより詩緒の新條が引き立って味わい深くなるんじゃないかなぁ、と思ったのですが。なんてたぶんこれがこの作者さんのリズム感なんでしょう。


【男性へのガイド】
→まんがタイムということで、少女漫画とは別枠。もちろん男性も全力で楽しめるかと。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→友情のみに終始した1巻だけ。最後に畳み掛けるようにフラグを立てていったわけですが、どう回収するのか。大化けの予感もあります。まっすぐな女の子同士の友情というものがお好きな方は、1巻からもどうぞどうぞ。


作品DATA
■著者:矢直ちなみ
■出版社:芳文社
■レーベル:MANGA TIME COMICS
■掲載誌:まんがタイムファミリー(2008年10月号~連載中)
■既刊1巻
■価格:619円+税


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「まんがタイムファミリー」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。