このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2010.05.13
1102904955.jpg神尾葉子「虎と狼」(1)


うまい飯に釣られるのは当然だろ
友達だろーが
教師だろーが



■BL好きの女子高生・美以は、唯一の肉親である祖母の営む定食屋を、毎日お手伝いしている。そんなところにある日、お互いを「トラ」「オオカミ」と呼び合う2人の男性客がやってくる。美しいその姿と、ただならぬ関係を思わせるその2人に、思わず魅入ってしまった美以。その一夜を最後に、二度と会うことはないかと思っていたら、翌日になんとトラに再会。思わずまたご飯を食べに来ないかと誘ったら、トラも大層美以の食堂の料理を気に入ったらしく、喜んでついてきた。その後も、トラとオオカミはたびたび食堂を訪れるようになるが…!?

 「花より男子」、「キャットストリート」(→レビュー)の神尾葉子先生の新作でございます。少年誌での連載を終え、前にいたマーガレットに出戻りという形。今回もまた日常的な舞台をベースに、非日常的展開で魅せます。今回の主人公は、唯一の肉親である祖母の営む食堂で、毎日お手伝いをしている女子高生・美以。そんな町の冴えない定食屋にある晩、お互いを「トラ」「オオカミ」と呼び合う美しい男性客2人が。おいしくご飯を食べるトラに、一切料理にクチをつけないオオカミ。BL好きの美以には、そんな二人の一挙手一投足に釘付けになります。そして明くる日、美以は町中でトラと再会。以来二人とは、料理で繋がる不思議な関係に。しかし仲良くなってきたのも束の間、彼らの大学卒業によって、別れの日がやってきてしまいます。しかしその後、2人とは思わぬ形で再会することに…!?という流れ。

 偶然が偶然を重ねる、「ありえない」「できすぎ」の連続であるのですが、だからこそ神尾葉子作品は面白いしやめられない。そこを突っ込んだら負けなのです。美術の作品創作に熱中するあまり、食事を忘れた倒れてしまったトラを、オオカミが保護したまたま美以の店にやってきたという奇跡から、この物語ははじまります。ちなみにオオカミというのは大上で、トラは虎次のこと。物腰柔らかなトラに対し、少し気難しいところのあるオオカミ。オオカミは大企業の社長の息子でありながら、それに反発し国立大に通っており、また家庭の味というものを知らず、普通の料理は一切口にしないという変わり種。そんなトラとオオカミの胃袋を、美以がガッツリ掴んだというところで第1話は終了。その彼らと第2話で別れてしまうのですが、意外な形で再会を果たすことに。なんと彼らが、美以の学校の新任教師としてやってくるのです。生徒と教師ものとしてはありがちなシチュエーションではあるものの、そこまでの過程があまりにも特殊であり、同時にその過程を用いたからこそ、相手役の教師を二人用意することに成功。神尾葉子先生ならではの力技です。何はともあれスゴい。


虎と狼
悔しいけどカッコいいのですよ、神尾先生の描く男って。現実にいたら絶対面倒くさいだろって面々でも、素敵に輝かせてしまうという。


 さて、ここからどう展開していくのかはさっぱり。まだ恋愛感情の芽生えはまったくなく、如何様にも展開できそうではあります。また単にそれだけで話を回すのではなく、食堂が地上げの対象になっており、しかもそれをけしかけているのがオオカミの父親の会社という設定を用意。更にヒロインは両親と死に別れた時のトラウマを持っており、これが大きく物語に影響を及ぼしてきそう。つまり、様々な仕掛けが1巻でセットされ、後は好きな時に発動できますよ、という状態であるという。どの程度まで続くのかはわかりませんが、展開的に飽きることはなさそう。
 
 今回のヒロインは、芯は強くもトラウマを抱え弱さも内包しているというタイプ。今までのの神尾作品のヒロインとは異なる…というか、全てをミックスしたようなキャラクターになっており、どういった振る舞いで物語を駆け抜けていくのか今から楽しみですね。神尾作品の良さは、ヒロインの意思の強さにあります。その姿に、心打たれる。非現実的展開は、結果としてヒロインの心の強さを際立たせることになるため、やはりこういった展開というのは好相性なのだと思います。そんな彼女を支えるのは一体誰になるのか。神尾葉子作品は、最初に近づいてきた男性が結果噛ませ犬になって、最終的に黒髪とくっつく傾向(「花より男子」「キャットストリート」より)があるので、今回もオオカミ本線なんじゃないですか?と勝手に予想。果たしてその結果やいかに。


【男性へのガイド】
→現実を模したファンタジーなのだと割り切って読みましょう。テンポは良いので、読みやすさはあると思いますが、敢えてここから神尾葉子作品に触れなくてもいいかなぁと。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→この力技の連続がいい。なんだかんだで読めてしまうあたりは、まさに神尾マジック。別マ連載ですし、続くかどうかはわからないですけどね(笑)個人的には、別マよりもマーガレットで受けそうという印象があります。どちらかというと、「花より男子」に近い印象。その感覚で読んでもらえれば。


作品DATA
■著者:神尾葉子
■出版社:集英社
■レーベル:マーガレットコミックス
■掲載誌:別冊マーガレット(平成21年3月号~)
■既刊1巻
■価格:400円+税


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (4)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いづきさんこんにちは!
お久しぶりですが覚えて下さってるといいな…(ドキドキ)
ちょっと見れなかった間に変わらず素晴らしいレビューが沢山積もってますね^^
逆流して拝見させて頂いてました~

神尾先生の新作、やはりベテランは安心感がある、という感じしますよね。
私も、紆余曲折で最後はオオカミとくっつきそうと思いました。
トラが類でオオカミが司って感じしますよね(笑)
それにしても黒髪ってそれだけで3割増しくらい男前度が上がるから得な気がしませんか…笑
天の邪鬼なんで白髪応援中です。
From: ひろ * 2010/05/14 14:42 * URL * [Edit] *  top↑
お久しぶりです。
ひろさん、覚えておりますよー。

更新料が多くてすみません。遡って読むの大変ですよね(笑)
神尾先生の作品は、どう考えてもありえないの連続なのですが、それでも読ませてしまう力強さがあるように思います。今作も別マでどれだけ健闘できるかわからないですが、応援したいですね。

私も黒髪サラ毛大好きです(笑)
神尾先生の描く黒髪男子は色気があるんですよね。

コメントどうもありがとうございました!
From: いづき * 2010/05/15 00:47 * URL * [Edit] *  top↑
この作品、展開は確かに非現実的なのですが、今時の高校・大学内部や学生の描写は、本当にリアルだと思います。神尾先生、かなり事前に取材されたのでしょう。

また、(一部の)女子中高生が好むBLの設定と、(どちらかといえば)中高年男性が好む定食屋という設定を一緒にしてしまう、というシチュエーションには驚きました。

この後は、恋愛、家族愛、定食屋を守るための奮闘、BL小説家・・どの話題を中心に話が展開していくのだろうかと、想像するだけでも楽しいです。
2巻目以降も楽しみですね。
From: シャドー * 2010/05/22 21:25 * URL * [Edit] *  top↑
大学はともかく、今時の高校内部や学生が私はわからないので、それに関してはなんとも(笑)
少女漫画は現実ベースなので、取材はかなり重要視されていると勝手に想像しています。
背景やモブキャラはアシスタントさんが担当することが多いですが、若い方がアシスタントさんにいるとその辺もよりリアルになるのかもしれませんね。

はちゃめちゃが許されるマーガレットではなく、別冊マーガレットということで、どこまで続くかわからないですが、なるべくなら長編化してほしいですね。
応援を続けたいと思います。
From: いづき * 2010/05/23 23:06 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。