このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.05.28
作品紹介→藤宮あゆ「僕らはいつも」
4巻レビュー→青春しまくってる京ちゃんに思わず赤面《続刊レビュー》「僕らはいつも」4巻



1102905884.jpg藤宮あゆ「僕らはいつも」(5)


カバンにつめこむのは
恋心と勇気と
それからもうひとつ



■5巻発売しました。
 学校を抜け出して、柳津先生を見送りにいった冴花。京ちゃんは、先生といて幸せそうな冴花の顔を見て、自分には勝てないと思ってしまう。ところが冴花は、その現場を学校に報告され、援助交際を疑われ自宅謹慎処分に。そこで京ちゃんがとった行動とは…?一方想いを重ね合い、順調そのものの典と榛名だが、榛名には典に明かしていない事情があるようで…?


~故障者リストから冴花脱出~
 5巻発売です。展開的に、それなりに時間が経っているように見えますが、物語内の時間はあまり進んでいないようです。というのも、冴花の顔の傷テープが未だ取れない。ちなみに冴花が乱闘騒ぎを起こして顔に怪我を負ったのは、3巻の半ば。4巻ずっと顔に傷で過ごしたと思ったら、5巻も途中まで顔に傷のままで過ごしました(´・ω・`)


~京ちゃんがついにやった!~
 さて、4巻にて「バカ万歳!」宣言をし、イケメンが台無しの超絶ヘタレ三枚目な告白をしてしまった京ちゃんですが、今回ついに決めてくれました。これこそがイケメンおぼっちゃまの本気ですよ。それが発揮されたのは、冴花が援助交際を疑われたとき。冴花を庇うために嘘を吐いて彼女を守った京ちゃんもカッコ良かったですが、本領発揮はその後でした。そのことを後日知った冴花が、「どうしてそんなことしたの?」と詰め寄ったシーン…
 

僕らはいつも5
本当に わからないか? 冴花
 

 これです。必死に想いを伝えようとするのではなく、真のプレイボーイは多くを語らず、相手にむしろ疑問系で投げかける(私の勝手なイメージ)。この作品は、狙っているのかわからないのですが、かなりシンプルな台詞たちで構成されています。回りくどい言葉遣いは一切なく、とにかく簡単で単純な言葉たち。その性質が、この告白の時にどんぴしゃりでハマりました。
 
 しかしそこで決まりきらないのが、「バカ万歳!」で3枚目キャラ固定の京ちゃん。しばしの沈黙が続いた後、ちょっと脚の向きを変えただけで…
 
 
僕らはいつも5-2
動くなあぁー!(強パンチ)


 無理チューの記憶が蘇ったとはいえ、かわいそうな京ちゃん。しかしそこで終わりではありません。京ちゃんのイケメンタイムは、この後にもう一度ありました。冴花が「自分が好かれる要素が見つからない」と投げかけたあと…
 
 いいんだよ
 俺は見当たってるから

 さらに
 
 俺は
 片想いで終わらせる気ないから

 なんだよ、どこのイケメンだよお前。前回は焦った挙げ句に無理矢理チューですから、もう中身が変わったとしか思えません。一度フラれると気が楽になり、思い通りに自分の想いを伝えられるとか聞いたことありますが、これは元々のポテンシャルが違いすぎるぜ…。そしてそんな京ちゃんの告白に対する冴花の答えは「無理」
 
 最高です。ここでなびかないからこそ、冴花ってもんです。好きな人のため、苦しいダイエットを子供の時に成功させた、彼女の意思と柳津先生への想いは、とっても固い。彼女の美しさは、外側を取り繕った見かけ倒しではなく、芯から出てくる本物の美しさなのです。真っ直ぐな意思は、やがて強情にかわってしまう気もしますが、そこは京ちゃんが解きほぐしてくれるはず。柳津先生も、状況次第では本格参戦しそうな勢いでしたし、まだまだこの二人から目が離せないです。


~榛名はまたひとつ重荷を~
 さて、さらに5巻では、榛名の言っていた「まだ典に言えてないことがある」の真相が明らかになりました。ここを明かしてしまうと、完全なネタバレになってしまうので明かしませんが、読んだ時には「おいおいおいおいおいおいおいおい何してんだよ」という感じでした。まさかの展開。しかしかわいいから許そう。てかそういう裏事情があったのですね。施設に入れられていたのに、どうして中学は名門私立だったのか、その疑問がやっとわかりました。
 
 しかし榛名には、色々なものを背負わせすぎじゃないでしょうか。確かに後ろ暗い背景を背負わせると、簡単に男度というのは上がるのですが、少女漫画ではときにそれがインフレ状態になる時があります。榛名はその典型のような感じですよね。家庭不和から、とんでもない叔父に引き取られ、暗く育つ。中学生にして年上の女性の家に入り浸り。転校してきて落ち着いたと思ったら、同級生の女の子と刃傷沙汰。そして新たな家族問題と、罪悪感。一人の中学生が受け入れるには、あまりに重く、あまりに多い問題の数々。それに対し、冴花への想いでいっぱいいっぱいの京ちゃんって…(ホロリ)。これまた展開次第では、さらに暗くなりますよ。だからこそ、能天気な京ちゃんに期待してしまうのです。だってほら、次巻予告を見てくださいよ…


僕らはいつも5-3
 
 
 もう京ちゃんに期待するしか無いでしょう。どんどんバカになってますよ。バカ万歳です。6巻でも、もちろん京ちゃんと冴花を追いかけますよー!


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「別冊マーガレット」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

いづきさんこんにちは!
これ、読みました。
ほんと冴花が素晴らしいですよね^^
ちょっとやそっとじゃなびかないとこが見てて気持ちいいなぁって。
あと私も京ちゃんの告白が見事どんぴしゃでした。
バカっぽいとこ見てると忘れそうになるんですが、
あぁそういや京ちゃんイケメンだったな、って
この告白で思いだしましたもん。笑
榛名だと性格上見ててあまり明るくならない事が多いからか
この京ちゃんの存在は大きいなぁって思いました^^
From: ひろ * 2010/05/31 09:36 * URL * [Edit] *  top↑
いつもコメントありがとうございます。
うちは何があっても京ちゃんと冴花を応援し続けますよ(笑)
噛ませ犬は一回へたりだすとそのままなし崩し的に…ということが多いのですが、京ちゃんは違ったみたいで嬉しいですね。
次も頑張ってもらいたいです。
From: いづき * 2010/05/31 23:40 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。