このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.05.31
作品紹介→和泉かねよし「メンズ校」
7巻レビュー→ラストに向かって…る?《続刊レビュー》和泉かねよし「メンズ校」7巻



1102905412.jpg和泉かねよし「メンズ校」(8)


君の道が
どうか明るいものでありますように



■8巻発売、完結しました。小畑先生の長期離脱、芦原先生は隔月連載という中、ベツコミの柱の一つとして、ずっと頑張ってきたこちらの作品も、ついに完結ですよ。名残惜しいなぁ。しかしこの作品、表紙とタイトルで絶対に損してますよね。内容的には、絶対に男性でも楽しめるもの。ということで、今回は少しだけ趣向を変えて、同作で数々生み出された名言…もとい迷言たちを、拾い集めてみようと思います。予備知識として知っておいてほしいのは、外界から隔絶された全寮制の男子校が舞台の、青春ストーリー。BLではなく、少ないチャンスに全力でぶつかる、男女愛を描いた全うな少女漫画だってことです。それでは、どうぞ!

~凶悪メガネ編~
凶悪メガネの名で親しまれる(?)野上が、一番の名言メーカー。歯に衣着せぬ物言いが、プラスに働いていたようですね。

 現実が見えないと生きていくのは辛いが
 逆に見えすぎても辛い
 心の視力を0.7に保て!

                           (野上 英敏)

 これは真理。大抵は見えないわけだけど。特に恋している時などは、不相応な期待が支配して、あらぬ幻想を見せてくるという。期待せず、見たくないところはちょっとだけ見るようにするくらいが丁度良いのかもしれません。

名言集8
 ここは男子校!
 そんな学祭になんの価値があるのだ!?
 1円だって買うか!

                           (野上 英敏)

男子校の学園祭ってそれなりに盛り上がるって聞いたことあるんですが、実際どうなんでしょうか。出会いを求めて必死になるとも聞いたことあり。あー…腐女子の方が買ってくれるんじゃないですか?私は共学だったので、むしろ当日よりも準備期間が大事だったり…。

 つまりHな娘さんは
 この宇宙に
 星の数ほどいるかもしれないんだ

                           (野上 英敏)

 夢溢れる少年時代。アダルトビデオは、様々な夢を見せてくれました。男子寮は、夢とティッシュに溢れています。

 いい男ってのはな
 都合のいい男ことを言うのだ!!

                           (野上 英敏)

 都合のいい男って具体的にどんな感じなんでしょうか。それはそれで役に立てているのだからOKとか考えてしまう…。
 
 
~童貞心編~
気がつけば童貞担当の主人公・牧から、あるあるな発言を…


名言集12
 なんだろ この巨大な取り残され感は…

                           (牧 主税)

 童貞コンプレックスという言葉があるほどに、十代の初体験の話題というのは複雑でありまして…。ひとり、またひとりと大人になっていく話を聞くたびに、どんどんと追い込まれていくような感覚に苛まれるようになっていくのです。そしてそんな童貞は、日々こんなことを考えながら恋をしているのです…


大事な彼女でエロいこととか
妄想とかしちゃ悪いっていうか…

                           (牧 主税)

ありすぎる(笑)彼女というか、好きな相手全般ですよね。特に中学くらいの頃とか、こういう誰得な自分ルールを設けてストイックに生きるヤツが多かった気がします。あくまでキレイなものとして捉えておきたいという心の現れなんでしょうね。
 
 そしていざ向き合ってみると…

メンズ名言集1
 やっぱ3Dの女の子はキツい!!

                           (牧 主税)

 \(^o^)/
 そうやって逞しくなっていくのですね…(ホロリ)
 

~怒濤の女性編~
名言集15
 もてない女はね…
 もてる男が怖いのよ…

                           (福原 綾子)

 男性が女性をこわがるシチュもあれば、女性が男性を怖がるシチュもまたあり。モテない女性はモテる男性が怖いとは…。いや、確かに私もモテる女性は怖いですけど。
 というわけで、今度は女性編…に本格的に移る前に、ちょいとひと息。気分転換にテストでも…

問:あなたは自分をどのランクの男・女だと思いますか?

※A~Eランクの中

A…最高にイイ男・女
B…まぁまぁイイ男・女
C…フツウの男・女
D…フツウ以下の男・女
E…来世に期待

 みなさんはどうですか?
 
 ちなみにそこそこ謙虚な冬華はこう答えました…
 
 「C…C-(マイナス)ってとこかな?」
 
 その答えは…?
 
 じゃあ、
 あんたもあんたがC~Eランクの男だと思う男の中でしか
 付き合えない

                           (友人A)

 
 これ当たってる気がするな、うん。謙虚に答えたぐらいで丁度良いのかも。心の申告なんてアテになりませんよ。今度会社の同僚に試してみましょうかね。
 
 しかしそうやって打たれても、女の人は強い。押されたら押し返す。真実を男性にこれでもかと突きつけ、自分の主張を繰り広げます。。


名言集4
 真実の家庭的な女というのは
 これだ!
 おまえらのいうところのオバサンのことだーッ!!

                           (宮路 冬華)

 男性の理想の女性像を集約していくと、結果お母さんになるって聞いたことある気がする。家庭的な女性とか、ちょっとドジとか、お弁当作ってくるとか…。ああ、うん。そうですね、はい。


名言集17
 "俺がいなきゃダメ"は
 男のファンタジー

                           (宮路 冬華)

 やめてくれー!!それだけがよりどころなんだー!!むしろ、「俺がいなきゃダメ」とか思わなきゃいられない=相手がいないとダメっていう状況っていう。

 
 しかし時に主張が度を超えることも。そんな時は上手いこと言って返してやりましょう。そう、こんな風にね。
 
名言集14
 「『馴れ合い』・『妥協』・『まっ いっか』
  そんな言葉は私の辞書にはないッ」

 「そんな辞書は…
  返本しろッ」

                          (春島 エリカ/牧 主税)

 

■さて、ここまでこんなカットばかりを拾い、おくってきたワケですが、この作品の一番の売りを敢えて言わせてもらうと、トキメキ以外の何物でもありません。こうしたハイテンションなバカさ加減があるから、シリアスなシーンがより際立つわけで。全力でバカなことをやり、不器用なりにバカなりに、それでも全力で好きな相手にぶつかる。とにかくこの物語に登場する男の子・女の子、みんなが輝いて見えるのです。
 
 だからこそ、あのラストは少し残念だったわけですが…ていうか同時収録の読切りとかもっと残念だったわけですが…。決して最高の形で終わることなく、少しの後悔としょっぱさに包まれている…それが青春ってことか(多分違う)。何はともあれお疲れさまでした!そして早くも連載始まってます、「女王の花」。こちらはメンズ校と違って大河ものですが、読み応え抜群でございますよー。今から2巻が楽しみです!

 
■購入する→Amazon

カテゴリ「ベツコミ」コメント (2)トラックバック(0)TOP▲
コメント

『BLではなく、少ないチャンスに全力でぶつかる、男女愛を描いた全うな少女漫画』

そうだったんですか!!
てっきり、BL系の話かと思ってました。

完全に、タイトルと表紙で誤解していたクチってことになります。

女の子の読者向けには、「禁断の男子校の世界にどっぷり浸れるラブコメ」ってことが伝われば十分ですから、このタイトルと表紙で正解なんでしょうけどね。

しかし・・・この作品紹介の内容だとほとんど少年マンガのノリのような・・・(ヤンジャンとか)。
トキメキが売りなら楽しめそうな気もするけど・・・私的にはやっぱり微妙ですね・・・。
From: しろくま * 2010/06/02 22:19 * URL * [Edit] *  top↑
こちら、タイトルで損している作品の一つだと個人的には思っています。
しろくまさんがおっしゃるように、少年誌的なノリを発揮するところもあり、男性でも比較的読みやすい作品なのですが、タイトルと表紙(特に1巻は全力でピンク色)で敬遠されがちです。

今回の記事に関しては、ニュースサイトに拾われるという狙いがあったため、意図的にこういったノリの部分のみを集めました。
またトキメキ部分に関しては、ネタバレも過剰に含んでしまうきらいがあるので、避けています。続刊レビューでは特にその辺に気をつけています。

微妙だと思われるのであれば、読まなければ良いだけのこと。
読む読まないは個人の自由です。
そういった取捨選択は大事ですよね。

From: いづき * 2010/06/03 18:22 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。