このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.06.10
作品紹介→*新作レビュー*ねむようこ「ペンとチョコレート」
作者関連作品紹介→ねむようこ「午前3時の無法地帯」/「午前3時の危険地帯」/「東京無印女子物語」



1102916435.jpgねむようこ「ペンとチョコレート」(2)


私 漫画が描きたい
私の名前はフタバトワコです



■2巻発売、完結しました。
 新担当・秋元のもと、打ち切りにもめげず、増刊雑誌のシリーズ連載枠を獲得した漫画家・フタバ。秋元のミスから、ギクシャクした関係になったのものの、無礼な編集者に絡まれたフタバを助け出し、「担当は僕しかいない」との宣言により、フタバはついに自分の想いに気づく。会えば会うほどに、その想いはしっかりとした輪郭を持って、自分の心の中に浮かんでくる。けれども秋元には、彼女の存在が…。さらに、漫画界のシビアな現実が、二人を襲う!仕事とプライベートの狭間で揺れる、トワコの明日は…!?


~完結してしまいました~
 完結しました。どうやら2巻で完結というのは、比較的早い段階で決めていたみたいですね(あとがきより)。久々の続刊だったので、改めてじっくり1巻から通して読み返したのですが、「ああ、なんて面白いのだろう…」と。2巻という短さで終わったのは少し寂しかったものの、想像以上の濃密さで、最後まで楽しませてくれました。
 
 
~トワコの感情の揺れ動きが、本当に心に響いた~
 1巻も良かったのですが、2巻ではひと際トワコが素敵に映りました。素敵というか、彼女の心の揺れが、ダイレクトにこちらに伝わってくるというか。そういったシーンが、2巻では多く描かれていたように思います。中でもこのシーン、紙袋を秋元さんと一緒に持つというくだりが、本当に破壊力抜群でした


ペンとチョコレート2-1 
 “カノジョ”だったら
 こんな紙袋越しじゃなくて…
 もっと近づいてもよくって
 会うのもファミレスじゃなくって
 呼び止めて…
 追っかけて…
 もっかいバイバイとかして…
 次の約束とかもして…

 もしカノジョだったら…。考えないようにしようとしても、どうしても考えてしまい、そして現状を痛感し落ち込む。叶わぬ想いを抱える人ならば、誰しもが経験するであろう、苦い行動。そしてその後に…
 
 ああでも もしかしたら
 秋元さんの担当作家であることは
 カノジョになることなんかより
 ずっとずっと特別なことなのかもしれない…

 と、逆に自分の立ち位置をポジティブに捉え直し、納得させるという。あるある(私だけ?)。近づかず、離れず、ただ自分の中で、考えがぐるぐる…。進展が望めない以上、自分の気持ちを保たせるには、何かしらのプラス面を挙げ、それをよりどころにしていないと、やっていられない。このアンバランスな状態が、とってもリアルな感じがして、なんとも…。


~ラスト2話は、次巻が一気に飛ぶ~
 ラスト2話、20話目と最終回は、19話目からかなり時間が飛び飛びになります。その間にあったであろう、様々な過程を丸々抜き去り、一部分しか提示しません。一気に飛ぶ時系列に、なんだか不思議な感覚を覚えます。2巻完結にするための帳尻合わせだったのか、はたまたはじめから狙っていたのか。その真意はわかりませんが、ラスト2話…特に最終話では、ちょっとした仕掛けがなされていて、個人的にかなりお気に入りでした。
 
 まず最終話は、トワコの感情が一切描かれません。というか、トワコの登場シーンも少なかったりします。視点は、トワコのファンであるとある女の子のもの。視点を外部に置くことは比較的よく使われる手法ですが、今回のこの視点は、一人の読者・ファンのもの。それまで物語では、アンケートや人気投票などを通して読者の存在が示されることはありましたが、具体的なファンの姿というのは一切提示されずに進んできました。ひと際ストイックに、ファンレターの一つも描かれることなく。それがラストになって登場。しかも視点を保持しています。そしてその視点はいってみれば漫画家とは真逆の方向を向いているものです。視点の逆転によって、幸せを客観化しており、また最後では、二人の関係の真相を完全には明かさずに終えるという、なんとも粋な終わり方。ええ、こういうの大好きです、はい。


~ペンとチョコレート~
 最後にちょっと、タイトルについて。チョコレートは言うまでもなく、トワコの大好物です。じゃあペンは?となるのですが、こちらもまた、トワコの好きなもの。この「ペン」は、「漫画を描くこと」に置き換えが可能です。そしてトワコにとって漫画を描くこととは、「自分の描きたい物語を描くこと」でした。原作つきの漫画を描いて、一定の成功を収めたものの、彼女はその状況を踏まえ「漫画を描きたい」との発言をしています。自分の描きたいものでなければ、それは漫画を描いていることにはならないのです。そもそもこの作品では一貫して、楽しく描く=面白い作品を生み出すという考えが示され続けていました。


ペンとチョコレート2-2
鳶谷コゴロー先生は、楽しく描く=面白いものを描くというメッセージの象徴であった。

 チョコレートもペンも好き、しかもそれが、大好きな人からもらえれば、もっと美味しい・楽しい。物語中、もっともチョコレートが美味しく描かれたのは、チョコパフェでもチョココルネでもなく、秋元さんから差し入れられた板チョコでした。そしてまた、ペン=「描きたい物語を描く」という状況も、秋元さんによって与えられたものでした。ああなんだよ、このタイトル、めちゃくちゃ甘いじゃないですか。読み終わり本を閉じたとき、改めて表紙のこのタイトルを読んで、にんまり。なんともいい気分になったのでした。
 

■購入する→Amazon

カテゴリ「まんがタイムラブリー」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。