このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [読み切り/短編] [名作ライブラリ] 2010.06.10
07198635.jpg芦原妃名子コレクション「ユビキリ」(1) 新装版


なんで
こんなにすんなり入ってくるんだろう
コイツ



■読切り3編を収録。とりあえず表題作をご紹介。
 おせっかいでうざそうなヤツなのに、なんでこんなに気になるんだろう…。父は仕事、母は遊び歩いて、家に帰ってもいつも一人の麻子。心の中にひっそりと、しかし確実に横たわる寂寞と虚脱感に、どうにかなってしまいそうな彼女の心を、本郷は一筋の光をもたらした。彼と会うたびに生きる喜びを感じていたある日、麻子は彼の隠された過去を知ってしまい…!?
 
 「砂時計」の芦原妃名子先生の読切り作品集です。初版が2002年ですから、もう8年も前の作品になるんですね。当然のことながら、「砂時計」「Piece」(→レビュー)以前の作品となります。確か数年前に、新装版が出たんでしたっけ?それでは少しずつ、内容をご紹介します。表題作は、心に寂寞感・虚脱感を抱えているヒロインが、おせっかいな男の子に出会うことから希望を見出していくというストーリー。2話目「カッコウの娘」は、美人でありながら歯に衣着せぬ物言いで何かと損をしがちな女子高生が、ある日レンタルビデオ店で出会った既婚の男性に恋をしてしまうというお話。そして3話目「60days」は、友達付き合いを避けてきた女の子が、転校を目前にひょんなことから体育祭の実行委員になって…というストーリー。どれも女子高生がお話の中心と、ベツコミらしいラインナップとなっています。


芦原妃名子「ユビキリ」
おせっかいを魅力に変える。こんなことさらっと言ってみたいです。


 「ユビキリ」は、恋愛ものと見せかけて、プラスαでもうひとつ大きなテーマを混ぜ込んできています。年齢の割にちょいと重すぎる気もしますが、こういう過去はベツコミでなくとも、少女漫画ではよくある不幸。それをいかに無駄遣いせずに燃料とするかなのですが、さすがその辺は上手いです。ちなみにこの物語中、故人の部屋に入り目的のものを探索し、その人の明かされていなかった想いを明らかにしていくというくだりがあるのですが、シチュエーション的に「Piece」によく似ています。今日この後にレビューする予定の「蝶々雲」は、「砂時計」の元となった作品なのですが、こちらもまた「Piece」の原型となった作品と言えるかもしれません。さすがに生き死になんて青臭いテーマにはなりませんが、存在理由・生き方というテーマに置き換え可能。「Piece」既読の方であれば、また違った味わいがあるかもしれません。
 
 2話目「カッコウの娘」は、社会人と高校生の恋という禁断のテーマ。年の差恋愛ものはそこまで得意でないので、恋愛方面ではあまり気持ちが動かなかったのですが、これもまた最後にひと捻り入れてあり、ちょっと変わった後味を残して物語を終えます。物語として、第三者の存在意義が明確でないまま進んでいくのですが、最後に意味が明かされるというね。単なる噛ませ犬にしないあたりが素晴らしい。
 
 個人的に一番好きなのは、3話目の「60days」。読書と勉強が好きで、人付き合いなんてしたくない。そんなヒロインが、転校を目の前に体育祭の実行委員会になってしまうというお話。いざ関わってみると、意外と楽しい。そして芽生える恋心。しかしタイムリミットは刻一刻と…という、ある意味王道の学園恋愛もの。重厚なストーリーや捻りのある構成だけでなく、こうした真っ直ぐな青春モノも芦原先生は描けるのですよ。素直に楽しめる良作です。


【男性へのガイド】
→1話目はちょいとイタイ、2話目は恋愛に隔たりすぎてる、3話目は少女漫画すぎる…とどれも少しずつズレている気がするのですが、作品自体の出来の良さでカバー。少女漫画アレルギーがないのであれば、一読をオススメします。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→どれも高水準の読切りたち。しかも同じような話でなく、しっかりと色の違いを見せてくるという。読切り集としてのコストパフォーマンスは高いです。


作品DATA
■著者:芦原妃名子
■出版社:小学館
■レーベル:ベツコミフラワーコミックス
■掲載誌:ベツコミ
■全1巻
■価格:390円+税


■購入する→Amazon bk1

カテゴリ「ベツコミ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。