このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.06.13
作品紹介→*新作レビュー*すえのぶけいこ「リミット」



1102915949.jpgすえのぶけいこ「リミット」(2)


「神矢は自分が生きて帰ることしか考えてない」
「…そう
 そのとおりよ
 それのなにがいけないの?」



■2巻発売です。
 突然のバス事故。生き残ったのは女子ばかり。カマを手にして絶対的権力を握った盛重は、クラスで虐げられてきた日々の復讐を図り、これでもかと傍若無人に振る舞いつづける。権力を握った重盛は「身分制度」を提案し、残り少ない食料をかけ、今野とハルが戦うことを強要。そこから一気に崩れ去った、生き残った5人の関係。「恐怖」だけが支配するこの場所で、果たして生き残り助けられることは出来るのか…!?


~2巻の表紙~
 2巻の表紙は神矢さんです。ちょっと地味ですよね。しかしながら、彼女以上に華のあるキャラクターがいないのも事実。申し訳ないけれど、盛重さんが表紙飾っても…ねぇ?しかし2巻の初動は思わしくないとか。1巻刷りすぎたのでしょうか。決して「ライフ」に比べて見劣りする作品ではないと思うのですが。しかし強いて言うなら、「ライフ」はドラマ向きで、「リミット」は映画向きっぽいですよね。
 

~明らかになる、それぞれの想い~
 1巻では主に、ヒロインと今野さん、そして盛重さんという「イジメ」の当事者たちの心情が軸として語られ、事故後の関係性もほぼそこに起因する力関係が形成されました。今回はそこから一歩進み、残りの二人・千影と神矢の心情メインで描かれます。特に神矢さんは大活躍。卓越した精神力と知識で、生き残りの鍵として動き回ります。この手の作品では、決まってサバイバル上級者みたいな子が現れますが、女子オンリーのこの世界でも、自然とそういう子が現れました。多分予備知識の有る無しに関わらず、こういった状況に陥ると自然とそういう子が現れるんじゃないでしょうか。一方の千影は、怪我の影響もあり何も役に立てないという状況。いてもいなくても関係ない。それが千影には重くのしかかります。結果的に、思わぬ行動に走らせることに。
 

~「学校もの」を非日常環境に置くことで、グッと濃縮~
 神矢さんの登場で、食料問題はあっさりと解決。サバイバルものとしての旨味を簡単に潰してしまいました。そしてその後は、千影のメンタリティのお話に。これを見て、これは「サバイバルものではなく、あくまで学校ものである」という印象を受けました。学校という普通の環境の中では、なかなか内側に溜めているものが外に出ることはなく、劇的に状況が変化するということがありません。しかし自分の生き死にが懸かっているというこの状況下では、イヤでもそれが噴出し、時に過剰にすらなります。例えば今回の千影も、もしクラスの中であれば、例え自分が役に立たなかったとしても、即行動に出て状況を変えようとは考えないはずです。この状況下だからこそ、役に立っていない自分=捨てられてもおかしくないという思考に陥り、ああいった行動に出たのでした。長期戦で臨むのではなく、短期に濃密に。国内でのバス事故という、比較的短期決戦が予想される設定を選んだのは、最大限に濃縮した学校の人間関係をそこで再現するため。サバイバルというのは、オマケなのかもしれません。
 
 ラストには、男の子の登場を予感させる幕引きが。“女子だけ”という、この作品の売りがひとつ削がれたような気がしますが、少女漫画で男の子が出てこないなんてやっぱり無理なんですかね。果たしてどのような続きになるのか。引き続き濃い状況が続いていきどうです。
 

■購入する→Amazon

カテゴリ「別冊フレンド」コメント (7)トラックバック(0)TOP▲
コメント

こんにちは。

>しかし2巻の初動は思わしくないとか・・・

そうなんですか。
前作「ライフ」のファンの一部では拒否反応がでてるみたいなので、読者が離れてしまったんですかね。
表紙も1巻に比べると地味ですし。

それと、ちはやふると君に届けも同日発売なので、限られたお小遣いの使い道としては優先度で負けてしまったのかも?

個人的にはとても気に入っている作品なので、がんばってほしいところです。
From: しろくま * 2010/06/13 12:05 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして

リミットおもしろいですよね

私は最後の人物は女の子かなー??と思いました

みんな制服だったのでとりあえず防寒具的なものをほかの生徒のバックからとったのかな??と思いました

誰なんでしょうか?

すごく気になります><
From: ゅん * 2010/06/13 19:03 * URL * [Edit] *  top↑
>>しろくまさん
2巻は売り上げというよりも、そもそも配本数が少ないみたいですね。
良作とバッティングしているので、埋もれるのは確かなのですが、これからどうなるのか気になるところです。

ウチのサイトが検索で上位に来るのは、マイナータイトルだけじゃないですかね。
他に感想をアップしているサイトもあまりないような作品のレビューが多いですし。
有名作品で上位に来ればありがたいですが、箸にも棒にもかからないというのが現状です(笑)


>>ゅんさん
はじめまして。
どっちなんでしょうねー。ズボンを履いていて、靴もスニーカー(女子はローファー)で、がに股っぽく歩いているので私は男の子と判断したのですが、確かに女の子という可能性も、十分に考えられます。
どんな人物なのか気になりますねー。
From: いづき * 2010/06/14 22:25 * URL * [Edit] *  top↑
今月は、たくさん単行本が発売(それも、各雑誌の看板作品ばかり)されています。どれから読もうか、迷ってしまいますね。

「リミット」、2巻目も面白かったです。
個人的には、女子だけで物語が展開して欲しいと思っているので、ラストの子も女子だったらいいな、と思っています。
From: シャドー * 2010/06/17 21:58 * URL * [Edit] *  top↑
先週は1日で良作が揃ったので、ほくほくで購入してきたのを覚えています。
月末も纏まって発売なので、個人的にはあまり歓迎できないのですが(笑)
楽しみではありますね。
From: いづき * 2010/06/17 22:33 * URL * [Edit] *  top↑
>>ゅんさん
おそらく男だと思いました
最後のコマで表された人物ののどに注目してみてください
のど仏があります
From: しゅうじ * 2010/06/20 01:05 * URL * [Edit] *  top↑
3巻でついに新キャラ登場! 私的には女子が良かったけれど男子でした。 でもハッキリしたキャラで好きです。
From: れんちゃん * 2010/11/24 00:47 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。