このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [読み切り/短編] 2010.06.20
07181557.jpg芦原妃名子「月と湖」


上手に嘘をつくから
この小説は
ギリギリ
美しいの



■長編読切り2編を収録。それでは表題作をご紹介。
 作家だった祖父の死後、遺品の中から見つかった未発表の私小説。そこには、愛妻家だったはずの祖父の愛人に寄せる想いが綴られていた。大学生になった恋人との関係から、ひとの心のうつろいに戸惑う、高校生の一菜は、ある日祖母に頼まれ、その愛人のもとを訪ねる事になる。作品が発表されて、悲しみ泣き崩れた祖母の姿を覚えている一菜は、敵意をむき出しにしたままに、その愛人と対面するが、そこにいたのはイメージとは全く違う、ごくごく普通のおばあちゃんで…!?
 
 芦原妃名子先生の、長編恋物語集。恋物語集といっても、長編が2話収録されているのみ。表題作の「月と湖」と、「12月のノラ」という作品です。表題作は、小説家であった祖父の遺作に綴ってあった、愛人のもとを恋に悩む女子高生のヒロインが訪れるというもの。愛妻家として有名だった祖父の遺品から見つかった、愛人への想いを語った私小説。それが発見されたとき、ヒロインの祖母は泣き崩れ悲嘆にくれました。それから数年、高校生になったヒロインは、その祖母から突然、体調が思わしくないらしいというその愛人のもとを訪れるように頼まれます。今の自分の状況と、祖母の悲しむ姿を知るヒロインは、敵意を露にしながらその愛人のもとを訪問。しかしそこには、聞いた話とは真逆の、元気に畑仕事に勤しむおばあちゃんの姿がありました。そこでの十日間、一菜は今まで知ることのなかった愛人側の心情、そして生前の祖父との関係を知り、少しずつ自分の考えを変えていく事になります。


月と湖1
敵意は向けるが、頭ごなしに拒絶するわけではない。対話を通して、物語は展開。回想メインで、明日を向く。


 「砂時計」後に発表された作品でございます。一応恋物語となっていますが、男性との直接的な絡みはなし。ヒロインと、件の愛人とのやりとりから、お互いの回想が中心となって話は進んでいきます。ひとつ上の先輩と付き合うも、彼が大学に入ってからは少しずつ距離が遠く、ジレンマを抱えるヒロイン。そんな中出会った愛人とのやりとりから、それぞれが抱えるジレンマを知り、一つの決心をするというストーリーになります。トキメキも、明るさもない、ある意味中高生向けの少女漫画らしくない作品ではあるのですが、持ち前の高い構成力でそれをカバー。それぞれが抱えるジレンマや想いを、ひとつ一つ丁寧に説明するのではなく、「手に入れたいけれど届かないもの」として「月」というモチーフを用意し、全てをそれに重ねるように展開。決して単純ではない背景を、しっかりと折りたたみ、限られたページ数の中に収めてしまっています。
 
 描かれているのは全て女性の心情。そこには男性の心情は一切描かれません。けれどもそこから伝わってくる、祖父の男として、小説家としての想いというのが、静かに伝わりやけに身に沁みるのです。情けない、けれども素敵。これもまたロマン。説明なしにそこまで感じさせてしまうのは、単に私が感受性豊かだとか、アンテナと合致したからというわけではなく、作りがしっかりしているからこそなのかな、と。地味だけど読ませるのは、それだけ深さと味わいが感じられるから。
 
 同時収録されている「12月のノラ」は、表題作とは逆の少しぶっ飛んだお話。簡単に説明できないので、ここでは省きますが、「ちょっとこれはどうなの?」という内容ながら、それなりに読める作品になっているのでびっくりです。でも個人的にはこういうのではなく、普通のほうが好きかなぁ、という感じです。こちらは芦原先生の作品にしては見ためは華やかではありますが、背景はやや暗め。家庭の事情から…というのは、後に発表される「Piece」(→レビュー)にも繋がってくるものがあるのかもしれません。
 

【男性へのガイド】
→心情描写は女性オンリー。男性については遠巻きに語られる感じで、直接的な感動は、ヒロインなどに想いを重ねるでもしないと難しいのかな、とは思います。ただやはり上手いので、その感情移入は容易だったりはするのですが。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→表題作は素晴らしかったと思います。同時収録作はあまり好みではなかったのですが、トータルで見たとき、やっぱり買って良かったな、と思ったので。ちょっと地味ですけど。


■作者他作品レビュー
芦原妃名子「蝶々雲」
芦原妃名子「ユビキリ」


作品DATA
■著者:芦原妃名子
■出版社:小学館
■レーベル:ベツコミフラワーコミックス
■掲載誌:ベツコミ
■全1巻
■価格:390円+税


■購入する→芦原妃名子「月と湖」bk1

カテゴリ「ベツコミ」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。