このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.06.27
作品紹介→*新作レビュー*鴨居まさね「君の天上は僕の床」



1102916034.jpg鴨居まさね「君の天井は僕の床」(2)


どこかくっついているほうが自然な気がする
本間さんが
そういう人になっていました



■2巻発売です。
 ウシちゃんと一緒に事務所を構える、デザイナーのトリさん。出会って仲良くなってみたは良いものの、近くに住む本間さんとの恋はなかなか進展しない…。そろそろ進展があっても良いものの、二人で出かけてもそんな雰囲気は皆無。それはそれで楽しいのだけれど…。そんなトリさんの居る雑居ビルの1階はつけ麺屋さん。そこで働くバイトの星川さんは、バイトの掛け持ちをする働き者。その裏には、バイトを辞めないあんな理由やこんな理由があって…。


~アラフォー版ハチクロ?~
 久々の2巻発売でございますよ。実は年末記事などで結構プッシュしていた本作。しかしながら刊行ペースの問題で、今の今までプッシュできずにいたのでした。さて、相変わらずウシちゃんとトリさん、そして本間さんを中心に、商店街の面々を巻き込んでゆるゆるとした日常を繰り広げておるわけですが、もうそんな毎日がとても輝かしいのです。なんでもない、そこらへんに転がっていそうな日常なのに、なんだか絶対に手に入らないような、憧れだけが残る感覚なのですよ。しいて言うならば、「アラフォー版のハチクロ」でしょうか。歳取ってるぶん、トキメキ成分はやや下がっておりますが、なんだか居心地が良さそうで、「こんなアラフォー生活送ってみたいなぁ。こんなアラフォーになりたいなぁ。」と読むたびに思うのです。


~マイペースに自由に生きる人たち~
 この作品の素敵なところは、この歳だからって焦ることもなく、極めてマイペースに日々を過ごしているところにあるのかな、と思います。結婚願望はおろか、恋愛願望もそこまで強くない。けれども好いてくれるというのはありがたいし、今ある恋愛には前向き。自然体で、臨んでいる感じ。いわゆる酒井順子の「負け犬の遠吠え」的な感じがなく、実に楽しそうなんですよ。そういえば、作品に出てくるキャラ達は、みな揃って自営業だったり、独立していたりと、使われて動くのではなく自分の意志で動いて働いている人たちばかり。その辺もまた、マイペースさや自由さを助長しているのかもしれません。


~憧れの源泉~
 同じ年齢の人たちがどのような感想を持つのかはわかりませんが、とりあえずこのコミュニティというのは物珍しく、憧れるものがあります。というのも、私がこどもの頃に見えてくるこのくらいの年齢の人たちと言えば、みな実を固めて父・母という家族役割を担っている人たちばかりでした。それがこの作品では、そういう人たちがマイノリティとなっていて、全く見えてこなかった人たちがマジョリティとして、けれども決して結束することなく不思議な距離感で一緒に居る。そしてそんな人たちが楽しそうに毎日を送っているわけですよ。そりゃ憧れますって。こんな生き方もあるんだな、素敵だなって。軽くカルチャーショック。いや、今でこそアリな生き方なワケですが、このようにそんな人たちを集めて、“日常”を作ってしまうというところがスゴいと言いますか。


~違う世代からも話題を仕入れる~
 今回は、自分たちの笑いを含んだ悩みに加え、他の世代を巻き込んで物語を展開。結婚指輪に揺れる、自分たちの両親を見て自分のことを顧みたり、年齢以上にしっかり者の小学生を相手にして、驚いたり。結婚生活を送る両親の姿も、子供がいるという状況も、現時点では自分たちが選択してこなかった道の先にあるもの。そんな可能性を目の前にしたとき、彼や彼女はどう思うのか。時に寂しく思ったり、時に嬉しく思ったり、その反応がまた面白いのです。1巻とはまた違った面白さが、しっかりと凝縮されていますよ。


君の天井は僕の床
結婚していないけれど、熟年夫婦の話題で盛り上がる。



~恋だってしてるんです!トキメいてきてるんです!~
 日常がゆっくりと続いていくわけですが、確かな変化は見られています。というのも、最初はよくスタンスのわからなかったトリさんの、赤面シーンが後半に進むに連れて多い多い。だんだんと、トキメキモードに入ってます。


君の天井は僕の床2-2
ドーンとマイペースだったトリさんに、変化が訪れてます…。ニヤニヤ。

 
 いや、確かに1巻の時点でトキメキはあったのですよ。けれどもそれは、本間さんの独り相撲の空回りで、どちらかというと素敵にネタ的に楽しんでいたというか。それが、トリさんの場合、その心情がモノローグとして描かれ、ちゃんと恋愛してるのです。気づかぬうちに、しっかりと関係を形成・変化させてきている。そう、全部説明する必要はないのです。だって彼女たちは根無し草なんだもの。少し知らないくらいが、自由な感じがして丁度良い。犬よりも猫が好きな彼らは、本人たち自身も、猫っぽいというか。


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「YOU」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。