このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2010.06.28
作品紹介→*新作レビュー*やまもり三香「シュガーズ」
2巻レビュー→オムニバス少女漫画の可能性を、そのキャラ配置に見た《続刊レビュー》「シュガーズ」2巻
3巻レビュー→ひとつの恋を、異なる視点・異なる時間で見る《続刊レビュー》やまもり三香「シュガーズ」3巻




1102916022.jpgやまもり三香「シュガーズ」(4)



おんなのこで
よかったなぁ!



■4巻発売です。
 すぐ側にいる人を、密かに想う。遠くから見ていた人に、想いを告げる。大事に大事に胸に秘めた、それぞれの想い。地味な眼鏡っ子と不良少年。年下の男の子への恋を「観賞用」と割り切る優等生。それぞれの想いが交錯する、バレンタイン。そしてそのお返しにと、男子が走り回るホワイトデー。甘さと苦さが同居した、お菓子と恋の読切り6編収録!!


~ちょっとした工夫が…~
 4巻になりましたよ。正直持って3巻くらいかと思っていたので、ここまで来たことにはびっくりです。既存の登場人物の関係者から関係を広げていって、物語を展開するスタイルなので、続けば続くほど人物は多くなりややこしくなってくるのですが、今回はちょっとした工夫が見られました。
 

~バレンタイン~
 「スイーツと恋」というのが、このオムニバス作品のテーマとなっているわけですが、そのテーマがストレートに繋がるイベントが、1年に2度ほどあります。それがバレンタインデーとホワイトデー。今回は、作品中でバレンタインデーとホワイトデーを迎えるのですが、誰かの恋を描くという今までのスタイルとは違い、これまでに登場する人物たちがもう一度描かれ、それぞれの立ち位置を再確認するという使われ方がされました。しかしひとつ問題が…。だ、誰が誰だかわからない…。一応事前に3巻あたりまでを読み直しているのですが、それでもややこしい。それぞれの人物の立ち位置を改めて示すつもりが、なんだかこんがらがってしまったような印象を受けました。なんて、私は人物を沢山覚えるのが苦手ということで、責任転嫁しているってことなんですけど(笑)


~ひざまくらの破壊力~
 さて、そんなバレンタインデーとホワイトデーですが、中でひとつとんでもなく胸キュンでにやにやなシーンがあったのですよ。もうね、「なんだこれは!」と思わずテーブルを叩いてしまいました。それが、ホワイトデーでの、地味メガネ少女・ななみとだんまりヤンキーの岡野くんのやりとり。ホワイトデーに何をお返ししたら良いのかわからない岡野くんは、悩んだ挙げ句にこんなお返しをすることに…


シュガーズ4
耳そうじ→ひざまくら
 
 最初岡野くんは、耳そうじをしてあげようとしていました。しかし、不器用そうな不良さんに繊細な作業が要求される耳そうじをしてもらうなんて、恐怖以外の何物でもありません。耳のゴミですし、見られるのもイヤです。そこで、ひざまくらで折れる形に。そこからが怒濤のニヤニヤ展開ですよ。
  

 せっかくだから
 しばらくこのままでいて

 とななみが鼻血ものの発言をした後に…


シュガーズ4-2
「かみ なでていい?」
「うん。」
「キス していい?」
   うん。」



 なにこの静かにイチャイチャな感じ。いちいち疑問系で確認して、そしてそれに「うん」とだけ答えるというシチュエーション。岡野くんの律儀さと不器用さ、そしてななみのドキドキ感が、ダイレクトに伝わってきます。素晴らしいと言わざるを得ない。男の子の膝枕の破壊力。ああ、してもらいたい…ではなく、してあげたい。このシチュエーションが再現されたとき、きっと私も岡野くんと同じことを思うんじゃなかろうかと思います。
 

 いま
 この瞬間
 オレは 多分
 世界で いちばん幸せなんだと
 実感する

 …いや、さすがにちょっと厳しいか?いやいや、そんなことないと言い聞かせる、24の初夏。
 

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「マーガレット」コメント (3)トラックバック(0)TOP▲
コメント

これはたしかにニヤニヤしますね。
シチュエーションもセリフも心情描写のテキストもどれも良い。
その良さを上手く伝えているレビューだと思いました。

そういえばtweet見ましたが、ブログタイトルは個人的にはとても好きですよ。
わかりやすくて印象的。
From: opti * 2010/06/28 01:19 * URL * [Edit] *  top↑
ありがとうございます。
ちょっと知り合いのレビューサイトの方に、「ニヤニヤ成分が足りない」
と言われたので、恥ずかしがらずにさらけ出してみました。

ブログタイトルは悩みどころなんですよね。
ちょっと長いので、どうにかして短く出来ないものか、と。
色々と面倒なので、きっとこのままで行くと思います(笑)
From: いづき * 2010/06/29 22:18 * URL * [Edit] *  top↑
いいねぇぇこういうの好きです[腟究��絖�:v-238]本当にいいねぇ
憧れます。こういう恋  シュガーズもっとよみたいなぁぁ
From: ケンタッキー * 2012/05/04 15:55 * URL * [Edit] *  top↑

管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。