このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [オススメ] 2010.07.05
1102946640.jpgユキムラ「カーディナル・スレッド」(1)


君にも強く強く
繋がっている人間が
いるでしょう?



■時は大昭和。帝都に暮らす少年・左月は、父の借金のせいで遊郭に売られた双子の妹・孝水を身請けする日を夢見て、毎日働いていた。そんなある日左月は町中で、異形の化け物と、それを真っ二つにする可憐な少女と、その子を引き連れる妖しい紳士を目撃。思わずその場から逃げ出すも、自宅にてその異形の化け物が現れると共に、その二人組とも再会することになる。人の心が歪むとき、絆という名の糸がもつれて、異形が帝都に現れるというが…!?

 ユキムラ先生による、ディスティニーアクションジュブナイルアンドヒロイックファンタジーです。いや、わからんですね。大正~昭和初期の東京を思わせる街を舞台に繰り広げられる、アクションファンタジー作品でございます。主人公は、遊郭に売られた双子の妹を連れ戻すために、毎日仕事に勤しんでいる少年・左月。いつものように働きに出ていた左月は、ある日街中で見たことのない異形の怪物と、それをいとも簡単に真っ二つに斬り倒す可憐な少女を目撃します。そしてその横には、妖しげな男が一人。二人に見られた左月は、危ない気配を感じとり一目散に逃げるのですが、後日自宅にて異形のものが出現。そしてそれを知っていたかのように、先の二人組がその場に姿を現します。そして再び繰り広げられる、異形の怪物とのバトル。そしてあろうことか左月の父親が、その戦いに巻き込まれ、亡くなってしまいます。身寄りのなくなった佐月は、その妖しげな男に導かれるように、彼らの待つ屋敷に向かうことになります。


カーディナルスレッド
妖しげな二人組との出会いが、主人公・左月の運命を大きく変えていくことになる。とりあえずまそらちゃん可愛すぎ。妹もかわいいけど、まそらちゃんが。


 人と人を繫ぐ絆や縁を「糸」と表現し、それが帝都を覆うように守っているという設定が大前提としてあります。そして人間関係にほつれが生じると、その解れた糸の間から、“向こう側の世界のもの”が出現するようになるという。これが先に出てきた異形の怪物。単純に行けば、この物語は異形の怪物たちと敵対するというだけのバトル漫画なのですが、その間に介在する、人間の様々な意思というものが物語に大きく関わっており、物語の受け皿は非常に広く深いものとなっています。どうも帝都を支配する帝の後継者争いと、左月が関係あるらしく、対立構造としては、帝サイドの人間たちと、左月が拾われる妖しい集団というものになっている様子。その中で、妹を助けることだけを目的としている主人公が、めくるめく運命に巻き込まれながら成長していく様子が描かれていきます。
 
 設定といい主人公といい、モチーフが絆を表す”糸“だったりと、これでもかっていうくらい、少年バトル漫画のそれを行っております。女性向け作品であるのに、可愛らしいヒロインあり、可憐で健気な妹あり、奔放な幼女ありと、女性キャラも充実、腐臭は少なめ。ちっぽけな世界を懸命に守る少年が、戦いを通じて、別れと出会いを経験、いつしか逞しくそして影を背負いながら成長していくという展開が予想され、この辺もまさに王道というところ。ただ主人公は、正義を振りかざすことはないですが。もしこれが少年誌で連載されていたら食傷気味なのかもしれませんが、ビーズログであることに新鮮さがあります。絵がちょっと粗いところも、なんとなく女性向けジャンル誌っぽさを感じさせず、「ああ、これいいんじゃないの」と思わせたり。

 ラストでの切り方が上手で、続きを読ませたくさせてくれます。広がりを見せようとしている物語の枠が、一体どのレベルにまで行くのか。少し小さいともの足りなく、広げすぎるとたためない。さじ加減が難しそうですが、果たしてこの物語はいかに。0話として、物語中盤と思しきシーンが描かれているので、それなりに期待できると勝手に思っております。1巻時点では上々なので、個人的に少し期待してみようかな、と。ただバトル漫画読んでる人にとっては、どこまでも「普通」なのかも。


【男性へのガイド】
→男性が読んでも全く問題無いかと。時代設定とかは、いかにも女性向けジャンル誌って感じですけど、それ以外は別に。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→普段バトル漫画そこまで読まない人間ゆえに、新鮮。ということは、普段読んでる人にとってはどうだろう。1巻の切りどころが絶妙だったので、とりあえず2巻読んでみようかな、という。


作品DATA
■著者:ユキムラ
■出版社:エンターブレイン
■レーベル:B's-LOGコミックス
■掲載誌:コミックビーズログエアレイド(2009年11月号~)
■既刊1巻
■価格:620円+税


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「B's LOG」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
コメント


管理者にだけ表示を許可する

この記事にトラックバック
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。