このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2013.03.07
1106247049.jpg中てい「LLLL」


叶うなら私は
彼のランプになりたかった



■「ランプを持たずに暗がりに行ってはいけない。暗闇の精霊に魂を取られてしまうから」。
 そんな言い伝えがある「ランプ街」にやって来た少女・オレガノ。ランプ屋で働く兄から強く言い聞かせられたものの、好奇心から暗闇でランプを消してしまう。そこで出会ったのは、暗闇の精霊・レイヴン。その場で命は取られなかったものの、それ以来レイヴンに懐かれてしまい…!?

 中てい先生のデビュー単行本です。本作が初コミックス、初連載と、初物づくし。それではあらすじをご紹介しましょう。物語の舞台は、住民みんながランプを持って街に出歩く「ランプ街」。そんな不思議な場所にやって来たのは、たった一人の肉親である兄がランプ屋で働いているという女の子・オレガノ。「ランプを持たずに暗がりに出てはいけない」そんな兄の忠告も聞かず、恐いもの見たさに暗がりでランプを消した所、遭遇したのは暗闇の精霊。暗闇の精霊は人間の魂を抜き取ってしまうのですが、オレガノの前に現れた精霊は、不思議な力に跳ね返され、魂を抜き取るのに失敗。しかしそれが彼・レイヴンの興味を惹いたのか、以来オレガノについて回るようになってしまい…というお話。


LLLL.jpg
おっちょこちょいで慌てん坊なオレガノと、マイペースなレイヴン。オレガノはレイヴンに対して敬語というところも萌えポイント高し。


 好奇心たっぷりのランプ屋見習いと、気まぐれな暗闇の精霊との心の交流を描いたファンタジー作品です。この街で「ランプ」とは、ただの明かりを現すのではなく、命を抜き取る暗闇の精霊を防ぐ道具としての役割があります。ランプを持っている以上、暗闇の精霊は現れません。一方の暗闇の精霊は、人の魂を源とするランプを持たなくては行きてはいけません。お互いに生きるため、ランプを持つのです。
 
 普通であれば自分の魂を狙う者とは一緒にいたくありません。けれどもオレガノは人一倍好奇心旺盛で、またあまり恐怖心がないような向こう見ず(バカ)な女の子であるため、レイヴンを側に置くことに反発はあまりありません。またレイヴンも、とにかく魂が欲しいという感じではなく、ランプなしでもとりあえず大丈夫というスタンスを取るため、お互い不思議な関係に。そんな中、いつしか互いに感情が芽生え始める…という定番の展開。とにかくメインの二人が緩いというか淡々としているので、狙い狙われているという感はあまりないという。それが売りであり、どこか温かく安心感のある雰囲気を作り出している源泉となっているのでしょう。あとちょっとおバカなオレガノちゃんかわいいです。
 
 アヴァルスやゼロサムといった媒体のデビュー単行本って、割と分かり辛くてこだわりすぎた内容が多いイメージなのですが、本作はベーシックな物語展開に加えて、絵も尖りすぎずで、非常に親しみやすい内容でした。背景もしっかりしていて、設定はしっかりと地に足ついていた印象。今後の作品も楽しみですね。


【男性へのガイド】
→レイヴンがオタク女子向け作品の相手役の典型という感じの風貌ではあるのですが、鼻につく感じはなく、受け入れやすさはあるのかも。オレガノもかわいいし、物語も人を選ぶような内容ではありません。
【感想まとめ】
→安心感と温かみのある親しみやすいお話でした。まとめ方は不思議さが残るものでしたが、枠内にしっかりと収まり、キャラも可愛い。うん、満足満足。


作品DATA
■著者:中てい
■出版社:マッグガーデン
■レーベル:avarus
■掲載誌:アヴァルス
■全1巻
■価格:571円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2013.03.03
作品紹介→フェチが過ぎて可愛い子がよだれダラダラ流しちゃったり:亜樹新「フェティッシュベリー」1巻
2巻レビュー→変態大集合が一変、切ない青春物語に:亜樹新「フェティッシュベリー」2巻
3巻&4巻レビュー→なんて自業自得すぎる展開…!:亜樹新「フェティッシュベリー」4巻




1106247047.jpg亜樹新「フェティッシュベリー」(5)


触れたい
って思うのはフェチだからなのかな?



■5巻発売、完結しました。
 水原ひよりが理想とする、数多あるフェチパーツを全て兼ね備える俺様なクラスメイト・成田。成田には今でも忘れられない女性がいることを知って傷つくひよりに、幼なじみの貴臣が長年のひよりへの恋心を告げて来たけれど…。多角関係の恋の行方は   ?それぞれの想いが交錯して混線中のフェティッシュラブコメ、感動の最終巻です。
 
 
〜完結しました〜
 5巻発売で完結しました。段々と物語の結末へ向かって進んでいっている感じはありましたが、正直もう2〜3巻は少なくとも続くだろうと思っていたので、このタイミングでの完結はかなり驚きました。打ち切りか?なんて思いもしましたが、作者さんのブログを見た限りではそうではないみたいですね。完結すべくして、完結したのだと思います。


〜怒濤の告白ラッシュ〜
 さて、4巻まで巻を重ねて来たわけですが、ここまで正式に告白をした人の数、ゼロ!!…というわけで、5巻はこれでもかという程に、怒濤の告白ラッシュとなっています。想いを告げられないままに、自分の心の奥底に押し込んで前に進むという選択肢もあるかと思うのですが、しっかりと皆に告白の場を用意してくれました。物語全体のバランスなんて関係ない。各キャラがしっかりと答えを出すためには、やっぱり告白が不可欠だったようです。
 
 まず先陣を切ったのは、4巻で既に告白の匂いを漂わせていた貴臣。なんと彼、2回も告白したんです…!こういういかにもかませ犬って感じのキャラの告白は、私にとってこの上ないご褒美なんですが、それが2回もあったということで、大満足でした。そして貴臣の告白で一番素敵だったのが…
 
 
フェティッシュベリー5−1
同い年の幼なじみなのに敬語で、精一杯


 これは萌える。何気にみんな敬語だったりするのですが、貴臣が最も“らしい”といいますか。ポイントを良くわかっていらっしゃいます。さすがです。

 この後、トワコに浅雛さんも続き、最後にひよりと成田です。それぞれの告白の顛末は、見てからのお楽しみということで…。どれも告白する側、される側、どちらを取っても良いシーンでした。


〜一番切なかった浅雛さん〜
 4巻でかなり自業自得な展開に陥った浅雛さんですが、5巻もひよりの告白を食い止めようとするなど、思わず邪魔してしまうシーンが見られました。ひよりは成田に行こうとしていたのですが、それを止めるというのが少々不思議で。単純に貴臣のことが好きで付き合いたいのであれば、ライバルが他の人に向くのはむしろ歓迎すべき事なはずです。けれども彼女は、それを食い止めようとしました。その心が明らかになるのは、その少し後…
 

フェティッシュベリー5−2
何よりも、大好きな貴臣の笑顔を守りたかった


 彼のことが好きだから、彼の気持ちが自分に向いていないということは重々承知しています。そして、彼が誰を好きでいるかということも。4巻の時点では、自分の欲望を抑えられないでいて、かつそのために周りを抑制しようとする子なのかな、なんて思っていたのですが、何よりも貴臣の笑顔を最優先していた、という。彼の告白を止めようという時点で彼想いなのかはよくわかりませんが、それでも自分そっちのけで彼の笑顔が一番というスタンス、嫌いじゃないです。けれども抑えきれない周囲の人物たちの動きに引っぱられるように、彼女自身もまた自分の想いをぶつけることになるのでした。
 
 そして想いを伝えるも、撃沈。けれどもそれは、貴臣にとっては確かに意味のあるものとなりました。
 

フェティッシュベリー5−3
自分だけのものだったその気持ちを
誰かが見つける
叶わなくても
それはそこにちゃんと存在していた

 
 5巻で一番印象的だったのはこのシーンなんですよね。叶わなかった想いも、誰かがそれを知っていれば、それはそこにちゃんと存在していたことになる。ふられた人の想いを、全肯定するようなこの言葉に、なんだかすごく勇気づけられました。自分の中にはあまりなかった感覚なので。しかし浅雛さん、この言葉に照らし合わせると、貴臣の想いを記憶しておく=肯定するだけの存在ということになりかねないわけで、ここまで頑張ってちょっと不憫だなぁ、なんて思ったり。その後、何か進展があるのですが、そこは何も描かれず、心の中で思い描くことにしましょう。


〜死んだライバルがいる時のジレンマ〜
 さて、最後にひよりと成田です。この二人の間に横たわっていたのは、前回スポットが当たった成田の過去の想い人。既に亡くなっている彼女の存在をどう乗り越えて行くかという所がポイントとなっていたわけですが、あれだけの匂わせがあったにも関わらず、5巻では割とあっさりと乗り越えてしまいまいした。
 
 このライバルが亡くなっているシチュエーションというのは、結構悩ましいものなんですよね。いない相手と戦わなくてはいけないしんどさというか。ライバルが存在している場合は、恋愛戦線において明確な勝ち負けが「付き合う/付き合わない」といった結果として出るので、非常にわかりやすいのですが、相手が亡くなっている場合はその軍配を上げることができないという。勝負分けというよりは、あくまで残された側の人たちによる「納得感」での勝負になってきてしまうんですよね。例えば「僕等がいた」はそれととことん戦った作品なのですが、やっぱり長引けば長引く程重たくなるわけで。本作はどちらかというとポップな作風ですし、お互いのトラウマと悩みはしっかりとお互いに補い合う形を作ることができました。手短かな展開ではあったものの、割と納得感のある結末だったように思います。
 

〜新連載〜
 既にアヴァルスでは、亜樹新先生の新連載が始まっているようです。「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」というタイトルらしいのですが、なんだかとってもラノベっぽいというか。割とそういうノリの強い作風の亜樹新先生ですから、この作品も期待です。


■購入する→Amazon

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] [読み切り/短編] 2013.01.25
1106229117.jpg幸田真希「梅酒」


私の幸福は
梅の香りと
共にある



■読切り5編を収録。それでは表題作をご紹介。
 所在なく夜の町に佇む少女・ゆえに声をかけたのは、ごく平凡な公務員・古畑。けれど古畑と過ごす穏やかな時間は、ゆえにとってかけがえのないものとなっていった…。「私、古畑さんと、どうなりたいんだろう…」   。流れゆく日々の中、彼女が導き出した答えは…?
 
 幸田真希先生の短編集になります。幸田真希先生というと「花帰葬」のコミカライズをご担当されていたのを知っているのですが、オリジナル作品読むのはこれが初めて。各話にこれといったつながりはなく、単発で発表していた作品を一冊にまとめたものだと思われます。それでは表題作以外の収録作を、少しずつご紹介しましょう。
 
 歳上・巨乳・女王様タイプを理想の女性とする男子に、あろうことか理想とは正反対な超清純派な女の子が告白してくることからはじまる「女神の条件」。怠惰な毎日を過ごしていた青年が迷い込んだのは、目覚めるたびにクリスマスという無限ループな毎日で…という「blessing20XX」。祖父の葬儀に参列するも、何年も会っていないために悲しみも涙も湧いてこないヒロインが、後ろめたさを感じていたが…という「日だまりの欠片」。そして、父親一人、社会人の兄妹二人で平穏に暮らしていた中に、主人公の後輩が嵐をもたらす「家族には秘密がある」。

 どの作品も割と記憶に良く残る作品だったのですが、まずは「梅酒」について語りましょうか。なかなか惹き付けられる表紙・タイトルで、最初表紙を見た時「酒蔵の話かな…」なんて勝手に妄想したのですが、そんなことは全くありませんでした。どんな内容かというと、内気な女子中学生が、ひょんなことから二回りくらい年が上の地味な公務員の家に足繁く通うようになるというお話。


梅酒
ヒロインのゆえがとにかくかわいい。おっとりとした性格で、内気というかスローすぎてクラスメイトについていけていないんじゃ、と。時に大胆で、無垢。


 公務員の古畑さんは、何かするわけでもなく、酒を飲み時折話しかけるだけ。話題も高村光太郎だったりと、そのシチュエーションとは裏腹に、やりとりから受ける印象は至って真面目で誠実だったりします。タイトルの梅酒も、高村光太郎の智恵子抄から。今どきの女子のテンションについて行けず、そんな中見つけた安心出来る場所。けれどもやっぱり、こういうのはよくないのかも…そんな目の前にある安堵と、心の奥底でちらつく不安とのゆらぎが、淡いタッチで儚げに描かれます。高村光太郎が題材として登場しているからか、どこか文学的というか、懐かしさや古めかしい匂いをどこかに感じるような作品でした。

 どの作品もひと捻り入れて来るというか、まず「王道では進めないぞ」という感が読んでいてありました。「女神の条件」も、シンプルなラブコメディかと思いきや、最後のオチがちょっと斬新でしたし、唯一ファンタジー要素の入っていた「blessing20XX」も、少ししんみりとするラスト。なんていうか、完璧なハッピーエンドではないんですよね、どれも。どこか傷であるとか、後悔のような感情が残っていて、それでもトータルで見たらOKだよ、みたいな。また雰囲気が前面に出た、どちらかというと説明的でない作風でもあるので、ベタをはずれるような作品がお好きな方はドンピシャかもしれません。


梅酒2
「家族には秘密がある」より。最後に収録されているこのお話だけは、割とストレートというか、ありのままに感動を受け入れられる真っ直ぐさがありました。1冊で通してみると、最後このお話でほっこりできるので、読後感は良いかと思います。


 個人的に一番印象に残ったというか、驚いたのが「日溜まりの欠片」。とある女性が祖父の葬儀に行くというだけのお話なんですが、短いとはいえこれで1話描いてしまうのか、と。シチュエーションだけでもわかるかと思うのですが、全く持ってアヴァルスっぽくないんですよね。というか、こんなストーリーは他の雑誌でもあんまりみないです。ストーリーに感銘を受けたというよりは、こういうお話を描こうと思って、実際に描ききってしまうその勇気と、これにゴーを出した出版編集さんすごいな、と。
 

【男性へのガイド】
→この一歩引いてひと捻り入れる感じは、男性っぽい感性という感じがいたしました。
【感想まとめ】
→ アヴァルスでこういう作品が読めるってのはあんまりないと思いますし、色々な意味でちょっと注目してみて良い作品なんじゃないかな、と思います。全力プッシュしきれないのは、どこか地味な印象が拭えないのと、決して万人受けするような物語展開ではないと思うからなんですが、いやでも「梅酒」のゆえはきっとみんな好きだろうしなぁ、なんて、色々とぐるぐるする作品です、はい。


作品DATA
■著者:幸田真希
■出版社:マッグガーデン
■レーベル:ブレイドコミックス アヴァルス
■掲載誌:アヴァルス
■全1巻
■価格:571円+税


■購入する→Amazon

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.10.07
作品紹介→生徒に興味なし!超絶放任主義教師の教育新スタイル!:瀬川藤子「VIVO!」1巻
2巻レビュー→逃げてもいい、変わらなくたっていい:瀬川藤子「VIVO!」2巻




1106196019.jpg瀬川藤子「VIVO!」(3)


ナカムラ先生
かなり
恩師かもしれない



■3巻発売、完結しました。
 あくまで事故至上主義を貫く男・ナカムラ。不本意ながらも、毎日、高校教師として過ごしているわけですが、巻き込まれ体質は相変わらずで…。自殺志願の女生徒に追いかけ回されたと思えば、部活のメンバーは家に大挙して押し寄せ…。そしてついに迎える卒業式で、ナカムラは…?
 

〜完結しました〜
 3巻で完結しました。最後の最後までナカムラをはじめ、みんな変わらずでした。それがなんとも心地よい。1巻〜3巻の完結巻まで、こうも主人公が変わらないってのもなかなかスゴいと思います。だって学園モノなのに。もちろん熱血ではなくて、かといってアウトローを気どっているわけでもなくて、そのスタイルはごくごく自然な“自己至上主義”。今回も、初っぱなから「自殺するぞ」とアクションを取ることで人目を引きたがる女の子に目を付けられても…
 

VIVO!3-2.jpg
むしろこちらから突き落とそうとする


 ぐらいのことしちゃいますからね。だいぶ極端な例だとはおもいますが、こういった対応も時には必要なのかもしれません。この後に野島先生のフォローがなければ大問題になってた可能性は否めないですが…。フォローしてあげる人がいるからこそ、こんな人がいても大丈夫というか、活きるのかも。部活の中での佐野くん然り、「良いバランスで成り立っているんだな」と思ったのでした。
 

〜それでも愛はある?ナカムラと報われない住吉さん〜
 この“自己至上主義”ってのは“無関心”とはちょっと違っているんですよね。本当に面倒くさくて関わりを持ちたくないのであれば、徹底してネグレクトを突き通すはず。けれども彼は、それはしない。「面倒を持ち込むな」と突き放しはするけれど、決して根本からその手を離すことはありません。今回、住吉さんの迷子騒ぎの際も、住吉発見後…
 

VIVO! 3-2
連れてこさせてまで説教&鉄拳制裁


 これも一種の「愛」…?いや、違うか。
 
 しかし住吉さんも報われないですよね。バレンタインのチョコを作ろうという所までは良かったんです。けれどもその後の詰めが甘かった。結局全部自分で呼び込んだ不幸なわけですが、なんだかとっても報われない感が、可愛らしいと言うか可哀想というか…。


〜なんか最後すごい名教師っぽかったから悔しい〜
 最終回も相変わらずナカムラでしたが、生徒たちに対する的確な評価がとにかく当を得ていて、しかも去り方とかめっちゃカッコ良かったので、それだけで名教師感が。必要以上に踏み込まず、良い距離感で生徒を俯瞰して見ることができるので、あのアドバイスも至極納得ではあるのですが、なんだか悔しいです(笑)
 
 読むたびにこういう生き方というか性格に憧れてしまいますが、自分は絶対無理ですねぇ。というかそもそもこんな生き方が出来ない人ばかりだからこそ、このキャラクターとこの作品がこれだけ受け入れられているのでしょう。最後まで痛快な本作、まだ未チェックの方は是非ともこの機会にお手に取ってみては如何でしょうか?
 

■購入する→Amazon


カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2012.09.19
作品紹介→フェチが過ぎて可愛い子がよだれダラダラ流しちゃったり:亜樹新「フェティッシュベリー」1巻
2巻レビュー→変態大集合が一変、切ない青春物語に:亜樹新「フェティッシュベリー」2巻




1106185895.jpg亜樹新「フェティッシュベリー」(4)


恐くて
強いふりしてるくせに



■4巻発売しています。
 手・髪・声…数多あるフェチに反応しすぎて、理性が保てない水原ひより。理想とするフェチパーツを兼ね備える、俺様なクラスメイト・成田に、フェチ心だけじゃないキモチを抱えていることに気づいてしまったひよりですが、ひよりを一途に想っている幼なじみの貴臣から、思わぬ言葉を告げられて…。一方通行な恋が錯綜中!


〜3巻レビュー忘れてた〜
 4巻発売しておりますが、散々推しておきながら3巻発売をスルーという大失態。なんという…。というわけで、4巻レビューを銘打っておりますが、3巻と4巻がごっちゃになったレビューをお送り致しますので、どうぞ宜しくお願いします。
 
 さて、3巻は主に文化祭でのあれこれが、そして4巻では3巻でこじれた関係がさらにこじれるという展開に。とりあえず最初に言っておきたいことがあるとすればこれ…フェチ成分がどんどん少なくなってきてるよー!!!!2巻の時点でなんとなく想像ついていたのですが、だんだんとちゃんとした青春恋愛ものへとシフトしてきており、シリアスなシーンが多めに。すると当然フェチな部分が削られてくるわけで。


フェティッシュベリー4−1
少なくても良い。やっぱりこういうのが見たいんだ!


 4巻も序盤は結構ライトな描写が多かったのですが、元来持っているフェティシズムの暴走ではなく、失恋めいた感覚からの、食欲とアニメへの逃避が主と、ちょっと変化球気味。いや、そうじゃなくてフェチな三次元の男の子相手にハァハァするひよりがですね…。


〜不憫な黒髪二人が相も変わらず可愛らしい〜
 いきなりフェチ成分が少ないとか宣ってしまいましたが、本編はというと、それぞれに自分の想いに気づきはじめたり、かといって素直に行動できずにやきもきしたりと、奥手な恋愛風景が繰り広げられております。その中でもひと際私の目を引くのが、黒髪二人。一途にひよりを想い続ける貴臣と、そんな彼に心の奥で想いを寄せている浅雛さん。特に浅雛さんのブーメランっぷりがすごいです。めくるめく自業自得というか。
 
 まず現在の彼女の心持ちが割と病的というか。自分の恋心を自覚しないようにと、貴臣くんには成田くんしかありえないと決めつけるという、BL隠れ蓑術。とはいえ自分の気持ちを抑えることはできないものだから、貴臣が告白しようとすると…
 

フェティッシュベリー4−2
思わず邪魔をしてしまう


 やってしまいましたなぁ。しかもBL隠れ蓑ですから、自分が悪いとは思わない(思いたくない)。結局は弟に釘を刺されて自分の非を、そして自分の想いを強制的に自覚させられることになるのですが、やってしまった事実は変わらない。そしてその後、怒濤の自業自得が…


フェティッシュベリー4−3
一緒に居て居辛いところから…
 


フェティッシュベリー4−4
貴臣に捨て置かれる


 辛い…これは辛いです!別にここでも邪魔することはできたかもしれませんが、既に弟によって釘を刺されており、また自分の欲求を素直に前に出すことができないことから、これ以上何も言えず。なかなか不憫でございます。あれ、なんか浅雛さんの話ばっかりだな。とりあえず貴臣は、4巻ラストで一番の見せ場を迎えていますから、5巻でその労いのレビューをしますよ。正直行ける気がしない。


〜何気に不憫な展開が多いですよね〜
 今回の浅雛さんとイイ、結構この作品、落とされるときって割と容赦ないですよね。ひよりの成田からの突き放しとか、過去のイジメとか。そうそう、最も不憫だったのは、他でもない十野さんでしょう。典型的な悪役ポジションでありながら、がっつり成敗されるわけではなく、待っていたのはある意味一番悲惨な「スルー」。返り討ちすらしてもらえないなんて、なんて可哀想な…。その結果かわかりませんが、4巻になっても未だに消えることなく登場してきて、脇役としてそのポジションをキープし続けております。ただあのポジションが報われるとも思えないんですよね。なんだか最後まで可哀想な形で終わるんじゃないかって気がする、そんな哀愁漂う十野さんなのでした。
 

〜成田の過去が明らかになりましたが〜
 そうそう、もう一つ大きなことがありましたね。それが成田の過去。浅雛さんにこれまでやたらと反応していた彼ですが、似た子を好きになって、そして亡くしていた。しかしこの背景、物語的にどのような意味合いを持ってくるのでしょう。キレイな四角関係になれば収まりはいいですが、どうもそんな感じがしてこない。単純に成田という男の子の人格形成の過程を描きたかったのか。はたまた、成田と浅雛さんの関係がこれからどんどん動いて行くのか。その辺も注目しつつ、5巻も待ってみたいですね。


■購入する→Amazon

カテゴリ「ComicBlade avarus」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。