このエントリーをはてなブックマークに追加
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリスポンサー広告||TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] [名作ライブラリ] 2009.11.24
07171124.jpg高宮智「HEAVEN’S WILL」


髪をのばす
ドレスを着る
妹になる
世登くんの願いは死へむかっている



■小さい頃からお化けや幽霊などの、“鬼”と呼ばれる不思議な存在が視えてしまうことに悩んでいる美葛。ある日、鬼に追われてとっさに逃げ込んだ屋敷で、美葛は2人の少年に出会う。可愛らしい女の子のような風貌のお祓い師・世登。そして、世登に飼われている吸血鬼の篝。鬼が視えるという能力を買われ、美葛は2人と共にお祓いの仕事をするようになるが…!?

 高宮智先生のちゅちゅでの連載作になります。高宮先生の作品の中では、唯一英訳されている作品(→英訳されている少女漫画リスト)。お化けや幽霊といった“鬼”を視ることができるヒロイン・美葛が、とある青年2人と出会うことをきっかけにお祓いの仕事をするようになるというファンタジー作品です。“鬼”を視ることはできるものの、対処することができない未葛は、毎日お祓い師の世登にケーキを作るという約束で身を守ってもらうことを約束。やがて美葛が鬼をおびき出すのによいエサになると気づいた世登は、彼女をお祓いの仕事のメンバーとして加えるようになります。


heavens Will
こんな見ためですが、一人称はオレ。中身は完全な男の子。


 世登くんは男の子ですが、見ためは完全に女の子。表紙の左の子がそうですね。「どうしてそんな格好を?」と聞くと「似合うから!」と自信満々に答える彼ですが、実は彼が女の子の格好をしているのにはとある理由が。それはネタバレになるので明かせませんが、どちらかというと単調でわかりやすい作品が多いちゅちゅ作品の中にあって、かなり切ない要素を盛り込んだ物語となっています。それが尾をひいたのか、最後まで暗めな雰囲気で展開されるのですが、だからといってラストで焦って底抜けに明るい方向に持っていこうとはせず、そのままのトーンで最善のラストを選択。この展開は低年齢向けの少女漫画としてはどうだろうと思うものの、1巻完結でこういった形でまとめてきたってのは、個人的にはぜひとも評価したいところ。この作品が英訳される所以も、この辺にあるのではないのかという勝手な予測。作品としてはしっかりとまとまった仕上がりになっています。


【男性へのガイド】
→オタク向け感のあるファンタジー。こういうのは男女とかじゃない気がします。ただ萌えにハマるようなキャラはいるかと言われるとどうだろう。美葛よりは世登くんに人気が集まりそう。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→やや盛り上がりには欠けるものの、キレイにまとめあげられているので読後感は良い。誰向けかと問われると難しいですが、少なくとも自分向けではあった、と。


■作者他作品レビュー
高宮智「ソラオト」
高宮智「わたしのおくすり」
高宮智「今宵音降る空の下」


作品DATA
■著者:高宮智
■出版社:小学館
■レーベル:ちゅちゅコミックス
■掲載誌:ちゅちゅ(2006年1月号~4月号)
■全1巻
■価格:390円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ChuChu」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [続刊レビュー] 2009.11.02
作品紹介はこちら→*新作レビュー* 中嶋ゆか「わらってヒミコさん」



07228805.jpg中嶋ゆか「わらってヒミコさん」(2)


たった一度の失敗なんかで
恋は壊れたりしないのよ
1か月後か10日後か
明日にだって何かが変わるかもしれないわ
あきらめないかぎりね



■2巻発売です。
 2年に進級しても、同じクラスになった4人。そして相変わらず、悠を一途に想い続けるヒミコさんに、なんとライバル出現する!1年生の相田風香ちゃん。ヒミコさんとは正反対の、女子力高めなカワイイぶりっこ!入学早々悠の所属する陸上部のマネージャーになり、もうアタックを開始する彼女を見て、ヒミコさんも負けじと競り合うけれど…!?
 
 購入しようか迷っていたのですが、ちゅちゅ休刊の知らせを聞いて思わず購入。恐怖の無表情少女・ヒミコさんと、爽やかだけど超絶鈍感な少年・悠との、やきもき初恋物語。2巻になっても、相変わらずヒミコさんの想いは悠に伝わりません。
 
 2巻の最大の目玉は、なんといってもライバルの出現でしょう。悠に恋い焦がれ続け、彼に会いたい一心で同じ高校、そして同じ部活に入った相田さん。地味で無表情のヒミコさんとは正反対の、可愛らしくてそれを自分でも自覚しているぶりっ子です。そんな彼女の出現に焦ったヒミコさんも、負けじとアタックを開始しますが、なかなか上手くいきません。しかし一方の相田さんも、悠の鈍感っぷりに手を焼くという始末。この恋の一番の壁は、ライバルでもなんでもなく、悠くん自身だということが浮き彫りになります。


わらってヒミコさん
あっという間にキャラを確立。この作品て何気に良キャラ揃いですよね。


 1巻のレビューのときに、「君に届け」(→レビュー)をちゅちゅにフィットさせたような作品と言いましたが、「君に届け」に照らし合わせるならば、相田さんはくるみちゃんになりますね。恋愛スキル高めで、多くの男子から支持を得ている、愛され上手なぶりっ子。ええ、もちろん好きですよ。だって素晴らしいじゃないですか、手に入れたいものを、こんなに真剣に手に入れようとする、その姿勢が。しかし哀しきかな、この手の子は、絶対に相手してもらえないんですよね(笑)焦りという感情からヒロインの背中を押すという役割を果たすだけで、言ってみればかなりの損な役回りといえます。いうなれば、女子版のかませ犬。彼女に春は訪れるのでしょうか…しかと見届けてあげたあいと思います。
 
 この作品で一番人気なのは誰なのでしょうか?悠は意外と上位じゃないんじゃないかって気がするのですよ。やっぱり彼は鈍感すぎる。そこが魅力でもあるのですが、2巻ではそれが苛立ちに変わるようなラインにまできてしまいました。ヒロインのヒミコさんですら「少し腹が立ちます…」なんて思う始末。描き方によっては「なんなだよコイツ!」となってしまってもおかしくないと思うのですが、それをさりげに食い止めているのが、幼なじみである深司。彼が悠の行動・性質についてしっかりフォローを入れてくれるから、「ああ、なるほど」と納得できる。面倒くさがりながらも、しっかりヒミコさんの恋を応援し、時に悠を支え、さらにはライバル誤認させて焦らせることも出来る彼、本当にMVPを上げたいぐらいの活躍です。これだけ大車輪の活躍を見せている彼ですが、2巻では気になる変化が…


わらってヒミコさん2-2
顔を赤らめつつの、あたまポンポン。この真意は…?


 うーむ、これは悠のライバルになってしまっということでしょうか。しかし彼自身はヒミコさんの恋を応援するということを決意してしまっていますし、なんとも悩ましいところ。あんな態度をとっていますが、なまじ敏感なぶん人一倍他人想いな彼は、どこまでも自分の気持ちは押しとどめてしまう傾向が強そう。果たして3巻以降、どんな展開が?
 
 中嶋先生はちゅちゅ作家陣のなかでも数少ない、ちゅちゅ生え抜きの先生なんですよね。連載誌が休刊と言うことで、今後どこで描くのか非常に気になります。行き先としては少コミかちゃおが濃厚だと思うですが、どちらもフィットしなそうというのが正直な印象。というか、ヒミコさんの連載はどうなるの?


■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ChuChu」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.10.31
07228807.jpg高宮智「今宵音降る空の下」


夜が明けたら
鳴らせ
降らせ
その音を



■母の死をきっかけに、幸せな家庭は一気に崩れ去っていった。心の傷を負った天才ピアノ少女・ミヤビは、ショックから声を失ってしまう。そして声が戻らぬまま、ピアノ教室を営む直純の元に引き取られる。そこで出会った、一人の少年・ユエ。幼い頃からミヤビのピアノに焦がれ続けてきたユエは、ピアノを辞め心も閉ざしてしまったミヤビを前に、どうにかもう一度彼女を音のある世界に連れ戻そうと、躍起になるが…!?

 高宮智先生の12冊目のコミックスになります。今回のヒロインは、元天才ピアノ少女・ミヤビ。ピアノの才能豊かだった母親の死をきっかけに、父親はミヤビに強く当たるようになります。それまで愛され続けて育った彼女にとって、その仕打ちはあまりに厳しく、やがて心因性の発声障害に陥ってしまいます。ピアノを辞め声を失い、そして父親との関係がトラウマとなったまま、彼女は母親の後輩である青年・直純の元に預けられることに。直純はピアノ教室の講師。ミヤビはそこで、教室の生徒である少年・ユエと出会います。幼い頃からミヤビのピアノに憧れていたユエは、あの手この手でミヤビを音楽の世界に連れ込もうとしますが、ミヤビはそれを頑に固辞し続ける…というお話。


今宵音降る空の下
世界でいちばんお姫様。声は出なくとも、しっかり態度で示す。ここから段々と心を溶かしていくところが、見所のひとつ。


 今までの動きのある作品に比べると、かなり静の部分が強く、重苦しい雰囲気が強く出た作品となっています。とにかくヒロインが難しい性格。自分の殻に閉じこもり、断固として動こうとしないですし、動いてもまた心が読みづらいというか。彼女については作者の高宮先生も、「よくわからないままおわってしまった」と書かれていて、それが作品に直接出てしまったかなぁという印象。例えるなら、「キス&ネバークライ」(→レビュー)のみちるを、もっと可愛らしくした感じ。根底は病んでるのですが、それを少女漫画では描けないので、傷に留めたという感じでしょうか。おそらく、音楽でしか生きられない“天才”の再生の過程を描きたかったのだと思うのですが、そこまで行くのにかなり手間取ったというか、苦心されたのではと思います。そもそも完全な“天才”(=その世界のみでしか生きられない存在)を描いたのは、高宮先生は初めてのような気がします。今まではどちらかというとバカっぽいヒロインが多かったので、その部分もちょっと影響してるのかも。
 
 傷を癒すには、自分で乗り越えるか、もしくは全承認によって回復するのどちらかだと思うのですが、少女漫画は基本的に後者。ここでもユエがその役目を担うことになります。しかしながらヒロインが上手いこと反応してくれないため、物語は若干の曲折を経ることに。ヒロインの天才性と、相手役の承認。言ってみればピアノと恋愛の2本軸での展開なのですが、その曲折があったために、どこかすっきりしない感じを抱えたまま読み進めることに。ただ最後はしっかりまとめてくれます。それまでのもやもやを一気に吹き飛ばすような、気持ちの良いラスト。「終わりよければすべてよし」ではないですが、読後感はどの作品よりも爽快だったように思います。だから高宮作品はやめられない。
 
 所属しているChuchuは休刊で、おそらくちゃおに戻ることが濃厚だと思われますが、そちらでもなんとか頑張って欲しいものです。


【男性へのガイド】
→キャラで押すような強引さはありません。ストーリーものとして、少女漫画としての要素が強めに出た作品となっているので、今までの作品と比べると男性向きの感は薄いかも。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→ストーリーの破綻もありませんし、やるべきことはやりきったと思うのですが、どうにも消化不良の感が。先生自身も「迷走しながら描いた」と書いておられていますし、オススメまでは。


■作者他作品レビュー
高宮智「ソラオト」
高宮智「わたしのおくすり」


作品DATA
■著者:高宮智
■出版社:小学館
■レーベル:ちゅちゅコミックス
■掲載誌:ちゅちゅ(2009年3月号~9月号)
■全1巻
■価格:400円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ChuChu」コメント (0)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [オススメ] 2009.10.07
07212328.jpgやぶうち優「初恋指南」(1)


こんなことされたぐらいで
好きになったりしないんだから   



■3巻発売です。
 本田南央、16歳。大好きなまんがで得た知識のおかげで、友達の"恋愛指南役”として大人気。でも恋愛経験はまったくのゼロ。そんな南央の夢は、少女まんが家になること。中学から投稿を初めて、先日ついに佳作を獲得!担当さんがつくことになった。そんな彼女の相談相手は、すでにまんが家デビューを果たしているみゅーず先生。ある日、みゅーず先生の元にアシスタントに行くと、そこにはなぜか、同級生の苦手な男子・賢人がいて…!?恋にまんがにまだまだ駆け出し、デビュー目指して突っ走ります!

 小学生の性教育をテーマにした「ないしょのつぼみ」(→レビュー)で話題のやぶうち先生の、ちゅちゅ連載作品がこちら。こちらは非常に少女漫画ライクな内容になっています。ヒロインは、クラスメイトから“恋愛指南役”として信頼の厚い、南央。しかし本人は恋愛経験ゼロ。アドバイスは、大好きな漫画からもたらされるもの。そんな彼女の夢は、少女漫画家になることで、中学の頃から投稿をし、デビューを目指しています。そして先日、ついに佳作を獲得し、担当がつくことが決定。漫画家として、一歩踏み出します。そんな彼女にアドバイスを送るのが、チャット友達でプロの漫画家であるみゅーず先生。その先生にある日アシスタントを頼まれ、仕事場に向かってみると、そこには苦手な同級生である賢人の姿が。なんと彼、みゅーず先生の従弟で、下僕という名のアシスタント業をこなしているというから驚き。その出会いが、その後南央を波乱に巻き込んでいくことになります。


初恋指南
さりげなく「ドキッ」とするシーンを描くのが上手いよね。この男の子の照れた表情がまた良し。


 昨日ご紹介した「オレ様キングダム」(→レビュー)が、高校生がヒロインの学園ラブコメディに少女漫画家という要素を落とし込んだ作品だとしたら、こちらは全く逆で、女子高生少女漫画家の成長モノという土台に、恋愛要素を落とし込んだという構図。恋愛一本でどんどん進むのかと思いきや、かなりしっかりと漫画に関する描写を用意してきます。漫画家と同級生との恋愛、その二本軸でもしっかりと話が機能するのは、そのキャラ配置の秀逸さに依るもの。ヒロインの相手役となる賢人は、同級生でかつライバル(恋と漫画の)のアシスタント兼従弟。ライバルも漫画界にいるので、恋愛をある程度お仕事のフィールドで回せるという。しかもヒロインは漫画にかなり熱心で、賢人もまた漫画に熱心な性格と、実におあつらえ向き。肝心の恋愛描写に関しても、そこは実績のある作家さんらしく、非常に安定した展開で進行してくれます。上手いですね。
 
 またヒロインにはちょっとしたトラウマを用意。それは序盤では発動させず、恋にはあくまで慎重な姿勢という進め方。一方の賢人も、かなりの照れ屋でオクテであるなど、その歩み方は非常にスロー。漫画と恋、どちらかのペースに引っぱられて双方流れが早く…なんてことはなく、しっかりバランスが取れています。総括すると、非常に少女漫画的な雰囲気が出ていて、かつ安定しており、オススメしたい作品だな、と。「オレ様キングダム」は大人でも楽しめるか微妙なラインでしたが、こちらは大人でも楽しめると思います、たぶん。


【男性へのガイド】
→「ないしょのつぼみ」に比べれば、男性の食指を動かしそうな要素は少なめ。とはいえ出来自体は良いので、やぶうち先生ファンの方はチェックしてみては。
【私的お薦め度:☆☆☆☆ 】
→ちゅちゅ連載なのにりぼん臭がする気も。漫画と恋、二本軸がバランス良くミックスされた良作だと思います。オススメで。


作品DATA
■著者:やぶうち優
■出版社:小学館
■レーベル:ちゅちゅコミックス
■掲載誌:ちゅちゅ(2008年5月号~連載中)
■既刊3巻
■価格:各400円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ChuChu」コメント (4)トラックバック(0)TOP▲
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tag [新作レビュー] 2009.09.11
07225665.jpg七島佳那「7センチ!」(1)


ちっちゃくなって見えたものは
決してキレイなものばかりじゃなかった
これからも色々あるかもしれないけれど
だぶんきっと
大丈夫!!



■陸上部に所属し、食欲旺盛な中学生・ななきの日課は、お祖父ちゃんの蔵を漁ってがらくたを入手し、それを売って食べ物を買う資金にすること。仲のいい友達に、憧れの男子がいて、部活も順調…フツーの中学校生活を楽しく送っていたはずが、ある日蔵で見つけた梅干しを口にしてから、それが一変する。なんと、突然体が小さくなるようになってしまったのだ!この秘密を知っているのは、男友達の哉多だけ。果たしてななきの運命はーーー!?

 先月発売でしたが、購入し忘れてたので遅れてのレビューになります。ヒロインは、食欲旺盛で元気いっぱいの中学生・ななき。その食い意地がたたり、蔵で口にした特殊な梅干しによって、空腹になると体が小さく(約7センチ)なってしまうという特異体質になってしまいます。その事を知っているのは、小さくなったところにたまたま居合わせた男友達の哉多だけ。何か食べると元に戻る&成長すれば体質改善されるという緩め設定のため、ななきは落ち込むどころかむしろその体質を利用して、色々なことをしようと画策します。とはいえ後先考えず突っ走る性格のため、完全無欠というわけにはいきません。時にはピンチに陥ることも。そんな時、彼女をフォローするのが哉多。


七センチ
哉多もそれなりの性格なんですけどね、ななきがそれを上回るという。


 一応、7時間以上元に戻らなかったら一生そのままという危険性もあるのですが、ヒロインはそれを自覚してない様子。とにかくその体質を利用しようと、突っ走りまくります。そしてそんな彼女のフォローに回される、哉多。この二人、細田版「時かけ」の、真琴と千昭っぽい。とりあえず、ななきは真琴に似てる。設定から、どちらかというと「南くんの恋人」的な雰囲気を予想していたのですが、こういうヒロインのほうが話は面白くなるよね、と。ただそれゆえに、ヒロインの身勝手さに苛つきを覚えるかもしれません。周囲の面々が、非常に「良い人・常識人」のラインにいるのに対し、ヒロインだけは勝手にハチャメチャ、しかも悪びれる様子もない。まぁ真琴が高校生だったのに対し、こちらは13歳ですからね、仕方ないっちゃ仕方ないか。
 
 またこんな設定ですが、メインで描かれるのは、ファンタジーアドベンチャー的な大きな物語ではなく、小さくなったことで見えてくる、身近で等身大の、中学生たちの心情。少女マンガですから、当然恋愛方面のお話が多いのですが、その描写はとっても丁寧。もっと小さくなるという設定を活かしても良いとも思うのですが、全体的なバランスはそこまで悪くないと思います。テンポも非常に良く、終始楽しんで読めました。


【男性へのガイド】
→「時かけ」の名前を出しましたが、作風が似ているというわけではないので悪しからず。軸は少女マンガ的ですが、コミカルな掛け合い多めでテンポも良く、全体的に読みやすいと思います。
【私的お薦め度:☆☆☆  】
→後半伏線多かった気がするのですが、これ一本のラインで繋がるのか?最終的にどういう落とし方になるかはわからないものの、現時点ではそれなりに楽しめているので、このぐらいで。ちゅちゅらしさが出た楽しい作品です。


作品DATA
■著者:七島佳那
■出版社:小学館
■レーベル:ちゅちゅコミックス
■掲載誌:ちゅちゅ(2009年3月+4月合併号~連載中)
■既刊1巻
■価格:400円+税

■購入する→Amazonbk1

カテゴリ「ChuChu」コメント (1)トラックバック(0)TOP▲
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
タグカテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

Author:いづき
20代男、Macユーザー。野球はヤクルト、NBAはマジックが好きです。

文章のご依頼など、大事なお話は下記メールアドレスへお願い致します。


■Twitter
@k_iduki

■Mail
k.iduki1791@gmail.com
※クリックでメール作成
RSSフィード
▽最新記事のRSSを購読

a_m.jpg
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Power Push
2012年オススメはコチラ→2012年オススメ作品集


かくかくしかじか
東村アキコ「かくかくしかじか」(1)
レビュー
東村アキコ先生が贈る、美大受験期の自伝漫画。東村アキコ作品らしい勢いの良さだけでなく、急転してのシリアスな締めなど、一冊に笑いと感動が詰め込まれた贅沢な作品。




王国の子
びっけ「王国の子」(1)
レビュー
稀代のストーリーテラー・びっけ先生が描く“影武者”もの。王位継承権を持つ王女の影武者に、町の芝居小屋で役者をしていた少年が選ばれるというストーリー。良く練られた背景を説明するために、1巻まるまる使うような、重みと読み応えのある一作。




シリウスと繭
小森羊仔「シリウスと繭」(1)
レビュー
2012年で一番の掘り出し物。独特の絵柄で描き出すのは、どこにでもあるような高校生の恋愛模様。けれどもそんなありふれた感情を、ゆっくりと丁寧に描くことで、なんともいえない味わい深さが生まれています。出会いから仲良くなる過程、そして恋を自覚し、葛藤する様子まで、その全てが瑞々しさに溢れていて、なんとも愛おしい。




トーチソング・エコロジー
いくえみ綾「トーチソング・エコロジー」(1)
レビュー
売れない役者が、役者仲間を亡くしたと思ったら、お次は隣に高校の同級生が越してきて、さらには何やら自分にしか見えない子どもの姿が見えるように…。どこかゆるさのある不思議なテイストのお話なのですが、いくえみ作品で実績のある「ある者の死と、残された者の感情」を描き出す類いの作品ということで、この先きっと面白くなってくることでしょう。




BEARBEAR
池ジュン子「BEAR BEAR」(1)
レビュー
高校生には到底見えないロリっ子ヒロインが好きになったのは、遊園地のクマの着ぐるみ。着ぐるみの中身は同じ学校の子で、結局付き合うことになるものの、その後も変わらず相手はクマの被り物をしているという、シュールな光景が繰り広げられます。なんとも奇妙な相手役、かつなんともかわいらしいヒロインの、初々しいやりとりに終始ニヤニヤ。




かみのすまうところ。
有永イネ「かみのすまうところ。」(1)
レビュー
期待の若手作家・有永イネ先生の初オリジナル連載作は、宮大工の世界をファンタジックに、そしてファンシーに描いた青春ストーリー。宮大工という伝統ある重厚な世界を、美少女な神様をはじめ、これでもかとポップに描き出します。かといってシリアスさがないわけではなく、コミカルとシリアスが丁度良いバランスで推移。まだ1巻のみですが、これから先の展開を大きく期待させてくれる作品です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。